• ホーム
  • 音楽
  • 観月ありさ、“後輩”安室にエール「最高の幕引きを期待」

観月ありさ、“後輩”安室にエール「最高の幕引きを期待」

 女優で歌手の観月ありさ(40)が22日、自身のインスタグラムを更新。かつて同じ事務所に所属していた“後輩”で、来年9月16日をもって引退する歌手・安室奈美恵(40)に「あと1年。これでもかっ!ってぐらい輝いて最高の幕引きを期待していますぞ」とエールをおくった。

 観月は「安室奈美恵ちゃんが引退を発表した日。 私の親知らずも潔く引退しました!笑 4本目最後の親知らず! 痛くて顔も腫れてプンプクリン」と、自身のほほが腫れた写真を添えた。

 続けて「奈美恵ちゃん引退か。。。」と、ポツリつぶやくと「奈美恵ちゃんはデビュー前。私に憧れてくれて同じ事務所に所属し私の背中を追いかけてくれていました。今思うとお互い若くて懐かしいね。 私が黒髪だったから奈美恵ちゃんは茶髪にしデビューした」と思い出を振り返った。

 「私のライブや舞台は必ず見に来てくれた後輩。お互いの曲をカラオケで歌いあったり。思い出たくさん。 今思うと。奈美恵ちゃんが同じ事務所に居たから私は歌も女優もトークもマルチで頑張ろうと思えたのかもしれない」と、自身も安室から影響や刺激を受けていたことを告白した。

 最後は「引退してしまうのは残念で寂しいけど。。。」と素直な気持ちを明かしつつ「あと1年。これでもかっ!ってぐらい輝いて最高の幕引きを期待していますぞ」とメッセージした。



オリコントピックス