アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • BSプレミアム『The Covers』3年間の名カバーから厳選スペシャル

BSプレミアム『The Covers』3年間の名カバーから厳選スペシャル

 NHK・BSプレミアムの音楽番組『The Covers』(毎週月曜 後11:15)では、20日と27日の2週にわたって「名曲選スペシャル」を放送する。2014年の番組スタートから丸3年を迎え、これまでに出演したアーティストはおよそ90組、カバーされた曲は200曲以上になる。この中から厳選した名カバーを放送時間いっぱいに詰め込んでお届け。

 20日のパート1では、「作詞家・阿久悠 名曲カバー集」として、「阿久悠 名曲カバー集」には、斉藤和義による「ダーリング」(沢田研二)や、田島貴男が歌う「勝手にしやがれ」(沢田研二)、ピンク・レディーの「ウォンテッド(指名手配)」をカバーした吉井和哉や、『モンスター』を歌うUAなど、ほかでは見られない名カバーが続々登場。

 また、この3年間で一番多くカバーされた曲「井上陽水の『氷の世界』特集」では、本人がオルケスタ・デ・ラ・ルスを従えてラテンアレンジでパフォーマンスした同曲や、彼をリスペクトするスキマスイッチ秦基博9mm Parabellum Bulletなどが独自のアレンジでパフォーマンスした映像をまとめて紹介する。MCのリリー・フランキーが指摘した「演奏する人によって見える景色と“寒さ”の違い」を堪能できる。

 27日のパート2では、「作詞家・松本隆 名曲カバー集」、そしてこの3年間で一番多くカバーされたアーティスト「松任谷由実 作品集」を放送。

 「松本隆 名曲カバー集」には、松田聖子の「SWEET MEMORIES」を披露した山崎まさよし大瀧詠一の「さらばシベリア鉄道」を披露した福山雅治森進一の「冬のリヴィエラ」を歌う横山剣ハナレグミによる「Tシャツに口紅」(ラッツ&スター)などがラインナップ。

 「メロディーや歌詞は洗練されていて、メッセージをモロ出しにしない。その風通しの良さが、アーティストを引きつける」(リリー)というユーミンの楽曲をカバーしたのは、エレファントカシマシ「翳りゆく部屋」、いきものがかり「時をかける少女」(原田知世)、UA「きっと言える」、THE BACK HORN 「春よ、来い」など。貴重なパフォーマンスが目白押しだ。

 さらに、20th Centuryが大先輩の名曲にダンスもカバーで挑んだ「まいったネ 今夜」 (少年隊)や、星屑スキャットによる「仮面舞踏会」(少年隊)、MANNISH BOYS(斉藤 和義×中村達也)による「男達のメロディー」(SH?GUN)など激レアな映像も再び。

■楽曲情報(一部)
▼『The Covers名曲選SP Part.1』3月20日放送
EGO-WRAPPIN' 「異邦人」久保田早紀(1979年)
郷ひろみ「Mr.サマータイム」サーカス(1978年)
柴咲コウ「桜坂」福山雅治(2000年)
渋谷すばる「スローバラード」RC サクセション(1976年)
JUJU「糸」中島みゆき(1992年)
福山雅治「銭形平次」舟木一夫(1966年)
森山直太朗「夢芝居」梅沢富美男(1982年)
UA「モンスター」ピンク・レディー(1978年)
クレイジーケンバンド 「また逢う日まで」尾崎紀世彦(1971年)
斉藤和義「ダーリング」沢田研二(1978年)
田島貴男「勝手にしやがれ」沢田研二(1977年)
吉井和哉「ウォンテッド(指名手配)」ピンク・レディー(1977年)、ほか

▼『The Covers 名曲選 SP Part.2』3月27日放送
ウルフルズ春一番キャンディーズ(1976年)
20th Century「まいったネ 今夜」少年隊(1989年)
コ永英明「春なのに」柏原芳恵(1983年)
BRAHMAN 「満月の夕(ゆうべ)」ソウル・フラワー・ユニオン HEATWAVE (1995年)
星屑スキャット「仮面舞踏会」少年隊(1985年)
ハナレグミ「Tシャツに口紅」ラッツ&スター(1983年)
原田知世「キャンディ」原田真二(1977年)
山崎まさよし「SWEET MEMORIES」松田聖子(1983年)
横山剣「冬のリヴィエラ」森進一(1982年)
いきものがかり「時をかける少女」原田知世(1983年)
エレファントカシマシ「翳りゆく部屋」荒井由実(1976年)
THE BACK HORN「春よ、来い」松任谷由実(1994年)
JUJU「ANNIVERSARY」松任谷由実(1989年)、ほか



オリコントピックス