• ホーム
  • 音楽
  • 乃木坂46 3期生が武道館で初ステージ 来年2月に試練の『プリンシパル』

乃木坂46 3期生が武道館で初ステージ 来年2月に試練の『プリンシパル』

 人気アイドルグループ・乃木坂46が10日、9月に加入したばかりの3期生のお披露目イベント『お見立て会』を開催した。初ステージを一目見ようと1万2000人の観客で埋め尽くされるなか、来年2月から3期生初公演となる舞台『3人のプリンシパル』(2月2日〜12日、渋谷・AiiA 2.5Theater Tokyo)を上演することがサプライズ発表された。

【写真】その他の写真を見る


 同舞台は、乃木坂46が2012年から3年連続で上演した『16人のプリンシパル』の3期生単独バージョン。『16人の〜』は毎公演、第1幕のオーディションを経て、幕間に行われる観客の投票によって、第2幕のミュージカルの出演者と配役が決まる過酷な公演だっただけに、会場からはどよめきが起こり、3期生も驚きの表情を浮かべた。

 しかし、映像で「先輩が越えてきた道」という文字が映し出されると顔つきも変わり、山下美月(17)は「3期生になるずっと前から、プリンシパルでの先輩たちの活躍を見ていたので、ビックリしていますが頑張ります」と宣言した。

 この日行われた『お見立て会』では、3期生12人が自己紹介とともに個性豊かな特技を披露。「3期生スポーツテスト」と題し、マット運動や走り高跳び、ドリブルシュートなどでも沸かせた。

 ミニライブでは、オーディション合格発表時に暫定センターに指名された大園桃子(17)がセンターを務め、「命は美しい」をパフォーマンス。続けて与田祐希(16)センターで「裸足でSummer」を、山下センターで「ガールズルール」を初々しく披露し、大声援を浴びていた。

 なお、乃木坂46は、6日から東京・日本武道館5days公演を行い、全公演即完売。トータル6万人を動員した。



関連写真

  • 乃木坂46の3期生が日本武道館で初ステージ
  • 涙ながらに自己紹介する大園桃子
  • 「ガールズルール」でセンターを務めた山下美月
  • 特技の一輪車を披露した与田祐希
  • 大園桃子センターで「命は美しい」を披露
  • 与田祐希センターで「裸足でSummer」を披露
  • 来年2月に3期生初公演『3人のプリンシパル』を上演することをサプライズ発表

オリコントピックス