• ホーム
  • 音楽
  • 小室哲哉、AOAにラブコール「僕がピアノ弾いて…」

小室哲哉、AOAにラブコール「僕がピアノ弾いて…」

 音楽プロデューサーの小室哲哉が1日、都内で行われた韓国出身の7人組ガールズグループ・AOA(エーオーエー)の日本2ndアルバム『RUNWAY』の発売記念イベントに出席。小室は、新アルバムに収録される「WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント」をAOAのためにプロデュース、リメイク。ミュージックビデオ(MV)に出演した縁もあり、この日のイベントにサプライズ登場した。

 K-POPアーティストのプロデュースは初だという小室。初対面時のグループの印象を聞かれ「(初対面時は)MVのときはすごいセクシーだったけど、実際はすごくピュアで少し幼い。女の子っぽいところもすごくある」と魅力を熱弁すると、共演したMV撮影を「1日一緒にいたのは貴重な時間でした。僕の撮影時間は大した事ない。みんな、僕が寝ようかなと思った時にまだ撮影してて、起きたときも撮影していた。すごいなと。30時間以上撮影していたと思う」と振り返っていた。

 小室の言葉を笑顔で聞いていたチョアは「名曲を私たちにプレゼントしてくださって、ありがとうございます!」と感謝すると、チャンミも「とても私たちに合った歌詞でうれしかった。このカバーでAOAの新しい面を出すことができてうれしかったです、とても感謝しています!」と声を弾ませた。

 今後の再共演について期待されると小室は「今のところ予定はない」としつつ「いずれ僕がピアノ弾いて、皆さんがバラードで歌うなんてどうでしょう」とラブコール。メンバーたちも「いいですね!」「楽しそう!」とノリノリで答えていた。

 この日のイベントでは、「WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメントgirls ver.」「愛をちょうだい」の2曲を披露し、駆けつけた大勢のファンは終始熱狂。ジミンは「ファンの皆さんのおかげで2ndアルバム『RUNWAY』がリリースできました。本当にうれしいです!」と感謝し、大歓声を浴びた。チョアは「これから皆さんと一緒に過ごす瞬間を明るく美しくなるように、今回のアルバム(タイトル)を『RUNWAY』に決めました」と新作に込めた思いを明かし、アピールしていた。



関連写真

  • (左から)チャンミ、チョア、へジョン、ソリョン、小室哲哉、ユナ、ジミン、ミナ (C)ORICON NewS inc.
  • 日本2ndアルバム『RUNWAY』の発売記念イベントを行ったAOA (C)ORICON NewS inc.
  • 日本2ndアルバム『RUNWAY』の発売記念イベントを行ったAOA (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス