アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • キスマイ、つんく♂提供バラードで手話に挑戦 北山宏光「家で浸って」

キスマイ、つんく♂提供バラードで手話に挑戦 北山宏光「家で浸って」

 人気グループ・Kis-My-Ft2が2ヶ月連続リリース第2弾シングル「最後もやっぱり君」(11月11日発売)のミュージックビデオ(MV)を公開した。同曲は、メンバーの玉森裕太初主演映画『レインツリーの国』(11月21日公開)の主題歌として音楽プロデューサー・つんく♂が書き下ろしたラブバラード。玉森は「世界観が映画の内容にリンクしている部分もあるので、曲も映画も両方好きになってくれたらうれしいです」と呼びかけた。

 MVのコンセプトは「誰かが誰かに向けるラブソング」。ホームで電車を待つ人、恋人や友達と共に過ごす人…街を行き交う一人ひとりにドラマがあり、その代弁者としてキスマイが語りかけるイメージを表現している。

 KABA.ちゃんが担当した振り付けでは、キスマイのMVとしては初めて手話を取り入れ、聴くだけでなく観ることでもメッセージを伝える内容に。また、ダンスシーンは約300人のエキストラに囲まれて撮影した。KABA.ちゃんは「今回の振付は、歌詞、メロディー、リズムを大切に、繊細に仕上げました。サビの部分には、手話を取り入れてあります。心を込めて作ったので、たくさんの方に伝わるといいなぁ〜。歌詞と手話を同時に覚えて歌ってもらえたら最高にうれしいです!」と力を込める。

 玉森は「初めての自分の主演映画の主題歌なのでしっかりとやらないといけないという気持ちがありました」と気合十分。北山宏光は「手話はちょっとでも振りを間違えてしまうと意味が違ってしまう。普通の振りと違うからそれが大変でした」と振り返り、「MVでもつんく♂さんの色が出せていたらうれしいです! 家でこの曲を聴いて浸ってほしいです」とアピールした。

 作詞・作曲を担当したつんく♂は「家族や友情含めて人間同士の心と心の絆みたいなことも考えながら書きましたが、Kis-My-Ft2のメンバーの情熱と無邪気さと色っぽさがふんだんに盛り込まれた心温まる作品に仕上がり、僕もとてもうれしく思っています。僕が作った時点で思い描いていたラブソングよりずっと力強く、そして、ずっと優しさあふれる歌になったので、とても驚いています」とのコメントを寄せている。



関連写真

  • Kis-My-Ft2が玉森裕太初主演映画主題歌のMVを公開
  • Kis-My-Ft2の新曲「最後もやっぱり君」の作詞作曲を担当したつんく♂
  • Kis-My-Ft2の新曲「最後もやっぱり君」の振付を担当したKABA.ちゃん

オリコントピックス