• ホーム
  • 音楽
  • GReeeeNの「キセキ」「扉」が郡山の駅メロに採用

GReeeeNの「キセキ」「扉」が郡山の駅メロに採用

人気ボーカルグループ・GReeeeNの楽曲が、JR東日本郡山駅(福島県)の新幹線と在来線の発車メロディーに採用されたことが27日、明らかになった。4月1日より、新幹線ホームでは「キセキ」、在来線ホームでは「扉」が流れる。

【写真】その他の写真を見る


 グループを結成したゆかりの地・郡山にGReeeeNが恩返しをする。4月から始まる福島県の魅力を発信する観光キャンペーン「ふくしまディスティネーションキャンペーン」の一環として、郡山駅の発車メロディーが変更されることになり、同グループのヒット曲が採用された。

 福島の大学で出会い結成され、2013年2月まで郡山を拠点にしていた同グループは、これまでも郡山を全国にPRする取り組みを行ってきた。09年3月には、郡山市の音楽都市宣言の記念として「夢を開く心の扉〜扉の向こうには笑顔〜」プロジェクトを開催し、郡山駅前にグループ名にちなんだ「緑の扉」を設置。13年2月にもシングル「桜color」の発表に合わせて緑の桜色に染めて、夢や希望へ向かって一歩踏み出す勇気を与える活動を展開してきた。

 メンバーのHIDEは、2011年3月に発生した東日本大震災の被災地身元不明者の身体特定作業に歯科医師として参加するなど、グループとして復興に取り組んできた。現在、4人中3人は郡山から転勤しているが、これからも福島を盛り上げる活動は続いていきそうだ。



関連写真

  • JR東日本郡山駅の発車メロディーに採用されるGReeeeN
  • JR東日本郡山駅の発車メロディーに採用されるGReeeeN

オリコントピックス