• ホーム
  • 音楽
  • 斉藤由貴、デビュー30周年振り返り「やっぱり私、歌下手じゃん」

斉藤由貴、デビュー30周年振り返り「やっぱり私、歌下手じゃん」

 今年デビュー30周年を迎え、記念アルバム『ETERNITY』を発売した斉藤由貴。女優として歌手として、そして1人の女性としてしっかりと地に足を付けて歩んだ30年の軌跡を改めて振り返ってもらった。

【写真】その他の写真を見る


■私自身の恋愛体験を表現する曲もあります

――先ごろ30周年記念アルバム『ETERNITY』が発売されました。今作は、さまざまな“愛の形”をコンセプトにジャズのスタンダードナンバーに挑戦されましたけど、どのような経緯で至ったのですか?
【斉藤由貴】実は……発端は大したことではなくて(笑)。25周年の時に久しぶりに本格的なライブを行ったんですけど、その際、いわゆるアイドル時代から応援してくださる方々の前に立ちまして。皆さんすっかり父となり母となり(笑)。

――ファンの方も“大人”になられていたワケですね。
【斉藤】そうなんです。きっと、大学生くらいの子どもがいるんだろうなぁとか考えたり(笑)。その25周年のときに、私自身も月日の流れというか、人生を俯瞰で見られるようになってきたなって感じたんです。じゃあ、30周年で何かをするにあたって、また「人生とは?」みたいなテーマにすると、ちょっとウルサイかなって(笑)。

――30周年はもっとライトに行こうと(笑)
【斉藤】私の特徴として、この30年間、所属事務所を一度も変わることなく歩んできたということは凄く大きいと思うんです。ずっと一緒にいるスタッフが凄く多くて、当然、私のことをよく理解してくれている。そんな彼らが「こんな感じのコンセプトはどうか?」と言って持ってきたのが、今回のジャズスタンダードナンバーのカバーだったんです。

――でも、しっかりと統一感がありますよ。斉藤さん自身にとっても大事な曲も収録されているでしょうし、30年の軌跡が収刻まれている感じが伺えます。
【斉藤】そうですね。私自身の恋愛体験を表現するような思い入れのある曲も入っています。ただ、それ以外にもディレクターさんが、「この曲、由貴ちゃんに歌って欲しいなぁ」とか、元マネージャーさんが「僕、この曲、凄く好きなんだ〜」っていう曲もありますけど(笑)。

■“恋愛”は理性を超えた情動だと思います

――やっぱり信頼関係があればこそですね。
【斉藤】30年って結構長いと思うんです。それだけの歳月を共有してきた人間が“思い入れてくれる”というだけでも、とっても嬉しいことですよね。それに私自身も年を取りましたから(笑)。年を取った分歌える歌もあるんじゃないかなって。

――今の斉藤さんだからこそ歌いこなせる曲ということですね。
【斉藤】ある程度の年齢と経験を重ねたことで、歌っても無理のない曲というのがあると思うんです。今回収録された曲は、曲自体のパワーや後世への影響力が高い曲ばかりなので、私なりに薄っぺらな感じにはしたくなかったんです。そういう意味で言えば、やっと今になって歌えたのかなって。

――まさに30周年に相応しい曲。
【斉藤】ただ、レコーディングを終えて、アルバムを通して聴いた印象としては、「30年経っても、下手な人は下手なんだなぁ〜」って(笑)。

――いやいや! そんなことないですよ。
【斉藤】やっぱり、私、歌下手じゃんって(笑)。ただ、私をアイドル時代から応援してくれた方が、父となり、母となり、頑張って家のローンを返済してたり頑張っているんですね。それこそ恋愛どころじゃないって方が多いと思う。でも、昔は文字通り胸が締め付けられるような恋愛を経験して、月に吠えたり海に吠えたりしていたんですよ(笑)。

――何かインタビューで、斉藤さんが「恋愛って、客観的に自分自身を見つめることとか、社会的地位を“踏み外す”行為」だということをおっしゃっていて、凄く実直なコメントだなぁって印象的だったんですよ。
【斉藤】私、そんなこと言ってましたっけ(笑)。まぁ、理性を超えた情動というのはありますよね。

――恋愛中の“溺れている感覚”がこのアルバムから凄く感じることが出来ましたよ。
【斉藤】……実はそれが狙いなんです(笑)。



関連写真

  • デビュー30周年を迎え、記念アルバム『ETERNITY』を発売した斉藤由貴
  • デビュー30周年を迎え、記念アルバム『ETERNITY』を発売した斉藤由貴
  • デビュー30周年を迎え、記念アルバム『ETERNITY』を発売した斉藤由貴
  • デビュー30周年を迎え、記念アルバム『ETERNITY』を発売した斉藤由貴
タグ

オリコントピックス