• ホーム
  • 音楽
  • 吉川友、南米・ペルーでライブ “ワガママBODY”に大声援

吉川友、南米・ペルーでライブ “ワガママBODY”に大声援

 歌手の吉川友(22)が現地時間2月28日、ペルー・リマで開催されたイベント「Natsumatsuri 2015』にゲストアーティストとして出演し、ライブを行った。すべてのライブMCをスペイン語で行い、会場を埋め尽くした4000人の観客を熱狂させた吉川は「もっともっとスペイン語を勉強して、“南米アイドル吉川友”としてもっとステージを盛り上げたいと思います!」と“ワガママBODY”の輸出を力強く宣言した。

【写真】その他の写真を見る


 現地時間の午後7時、大きなモニターに吉川のミュージックビデオの映像と同時にオープニングBGMが流れ始めると、会場はいきなり大「きっか」コール。大人の魅力を感じさせるセクシーなナンバー「URAHARAテンプテーション」でスタートしたライブは、事務所の先輩・松浦亜弥の「LOVE涙色」を披露すると、ペルー在住のハロプロファンが手拍子を送り、いきなり大盛り上がりを迎える。

 続けて歌われた「『すき』の数え方」は、ライブ前に吉川の公式Youtubeチャンネルで同曲の振り付けとコールのやり方をスペイン語で投げかけていた効果もあり、会場内を「LOVE」の大声援とLの字のハンドサインで包まれる。MCでは、吉川がステージドリンクのボトルを掲げて「サルー!(乾杯!)」と叫ぶと、会場も大きな声で「サルー!」と返すなど、活発なコミュニケーションも繰り広げられた。

 ライブ終盤のバラード曲「TO BE…」「こんな私でよかったら」が流れると会場には涙を流すファンも見られたが、本編ラストの「水色」ではステージ上でタオルを振り回して大いに盛り上げた吉川。アンコールも勢いそのままに、ペルー国旗を手で掲げながら「ずっとずっとずっと君がスキだ」のサビ部分を「ムーチョ・ムーチョ・ムーチョ テキエロ(とても・とても・とても君が好きだ)」とスペイン語で置き換えて披露。南米らしい熱い雰囲気のまま全10曲のライブは終了した。

「とにかくお客さんの反応が凄いんです! 会場の隅の方まで盛り上がってくださっていました」と笑顔で振り返る。これまでにアメリカ、フランス、ベルギー、ブラジルなど世界各地でライブを行ってきた吉川は、世界遺産マチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵を誇るペルーでのライブも大成功に収めたようだ。

 吉川は、THEポッシボー、アップアップガールズ(仮)らのメンバーで活動中のユニット「チーム・負けん気」7大都市ツアーを開催中。また、5月4日には超長編曲となる2015年初のシングル(タイトル未定)のリリースを控える。

■吉川友「Natsumatsuri2015」セットリスト
01. URAHARAテンプテーション
02. LOVE涙色
03. あまいメロディー
04.「すき」の数え方
05. ロマンティック浮かれモード
06. TO BE…
07. こんな私でよかったら
08. Candy Pop
09. 水色
【アンコール】
10. ずっとずっとずっと君がスキだ



関連写真

  • 吉川友
  • ペルーでライブを行った吉川友
  • ライブ前日ファンミーティングで現地のファンと記念撮影に応じる吉川友
  • ペルーでのライブで観客と記念撮影を行った吉川友
  • ペルーでライブを行った吉川友
  • ライブ前日にリマ旧市街のカテドラル広場を訪れた吉川友
  • ライブ前日にリマ旧市街のサンフランシスコ教会前を訪れた吉川友
  • ライブ前日のファンミーティングで記念撮影
  • ライブ会場全景
  • ライブのオーディエンス

オリコントピックス