ももクロ、ガガ来日公演前座に抜てき 本人が熱烈ラブコール

 人気アイドルグループ・ももいろクローバーZが、米人気歌手レディー・ガガの来日公演の前座に抜てきされたことが6日、わかった。北米ツアーの前座に初音ミクBABYMETALが起用され、世界中の注目を集めたが、日本公演はガガ本人の熱烈なラブコールでももクロに白羽の矢を立てた。

 世界各国のスタジアム、アリーナ、競技場など68都市78公演で90万人を動員する世界ツアーを敢行しているガガ。これまでにも奇抜なファッションで何度も話題となった衣装チェンジは1公演で14回を数え、わずか30秒の早着替えも。衣装とステージセットはトラック21台分という壮大なスケールで行われている。

 その一環として、8月13・14日にQVCマリンで2年3ヶ月ぶりの日本公演を開催。ももクロは2日目の14日公演でオープニングアクトを務める。ツアーを担当するライブ・ネイション・ジャパンは「ガガは日本のアーティストに個人的に興味を持っていて、彼女の気になるアーティストと我々が提案したアーティストを検討し合い、今回ももクロさんにお願いさせていただくことになりました」と抜てきの経緯を明かした。

 両者のステージ上での共演について同社は「現在予定はありません」としながらも、「サプライズはいつ起きるかわからないので楽しみにしてください」と期待を持たせた。

関連写真

  • ガガ来日公演前座はももいろクローバーZに決定
  • 8月13・14日にQVCマリンで来日公演2daysを行うレディー・ガガ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索