宮澤佐江、SKE48劇場デビュー「すっごいチームになる」

 SKE48の新チームSが25日、名古屋・栄のSKE48劇場で『制服の芽』公演初日を迎えた。2月の大組閣でチームSの新リーダーに就任した宮澤佐江(SNH48兼任)は同公演でSKE48劇場デビュー。「このチーム、すっごいチームになります! すっごいチームにしてみせます」とファンに力強く宣言した。

【写真】その他の写真を見る


 『制服の芽』公演は、2009年10月〜昨年7月まで約3年9ヶ月もの間行われていた、なじみ深い演目。AKB48から完全移籍してきた山内鈴蘭(19)が「名古屋に嫁ぐって決めてまして…」と新天地に骨を埋める覚悟を語り、「この日が不安だった」というNMB48兼任の渡辺美優紀(20)が感極まって言葉を詰まらせると、副リーダーの佐藤実絵子(27)がもらい泣き。「みえぴーも泣いてる!」とメンバーから突っ込まれたAKBグループ最年長の佐藤は「トシだから涙腺が弱いの!」と応戦し、これには渡辺も泣きながら笑顔を見せた。

 HKT48兼任で13歳ながら「ボス」の異名をとる田中菜津美は、マイペースなトークを続ける1期生の大矢真那(23)に対し「不思議なのか、おバカなのかよくわからないですよね」と毒を吐き、早くもキャラ全開。兼任・移籍メンバーの勢いに負けじと、松井珠理奈(17)ら生え抜きメンバーが気迫のパフォーマンスで存在感を示し、全16曲を熱演した。

 ラスト曲「手紙のこと」の前には、宮澤が「いろいろな場所、いろいろなチームから集まってできたこの新チームS。きょうの初日で、このチームの全てを見せることはまだできていません。それは今日からが本当のスタートだと思っているからです」とあいさつ。「このチーム、すっごいチームになります! すっごいチームにしてみせます。このチームでよかって言ってもらえるくらいマジでやります。なので、新チームS、これからのSKE48を皆さんよろしくお願いします」と宮澤らしい熱い宣言でSKEファンの心をつかんだ。

 初日公演には新チームSの20人のうち、東李苑、大矢真那、北川綾巴後藤理沙子、佐藤実絵子、竹内舞、田中菜津美、都築里佳中西優香二村春香、松井珠理奈、宮澤佐江、宮前杏実矢方美紀、山内鈴蘭、渡辺美優紀の16人が出演した。

■チームS『制服の芽』公演セットリスト
00. overture
01. 恋を語る詩人になれなくて…(全員)
02. 合格Kiss(全員)
03. アンテナ(全員)
04. 制服の芽(全員)
05. 思い出以上(北川・矢方・山内)
06. 狼とプライド(東・二村)
07. 女の子の第六感(後藤・佐藤・都築・中西・松井珠)
08. 枯葉のステーション(渡辺)
09. 万華鏡(大矢、竹内、田中・宮澤・宮前)
10. ジェラシーのアリバイ(全員)
11. Doubt! (全員)
12. 仲間の歌(全員)
13. 水のないプール(全員)
【アンコール】
14. 楽園の階段(全員)
15. ピノキオ軍(全員)
16. 手紙のこと(全員)

関連写真

  • SKE48劇場デビューを飾った(左から)渡辺美優紀、宮澤佐江、山内鈴蘭(C)AKS
  • NMB48兼任の渡辺美優紀は松井玲奈の代表曲「枯葉のステーション」を披露(C)AKS
  • 宮澤佐江(右から2人目)のユニット曲は「万華鏡」(C)AKS
  • ユニット曲「思い出以上」=新チームS『制服の芽』公演初日より(C)AKS
  • ユニット曲「狼とプライド」=新チームS『制服の芽』公演初日より(C)AKS
  • ユニット曲「女の子の第六感」=新チームS『制服の芽』公演初日より(C)AKS
  • 新チームS『制服の芽』公演初日より(C)AKS
  • 新チームS『制服の芽』公演初日より(C)AKS

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索