ももクロ、国立公演“本人確認”導入 転売・譲渡撲滅を呼びかけ

 アイドルグループ・ももいろクローバーZは10日、自身の公式サイトで、同グループ公演チケットの転売・譲渡撲滅のため、来月15日、16日に東京・国立競技場で開催の『ももクロ春の一大事 2014 国立競技場大会〜NEVER ENDING ADVENTURE 夢の向こうへ〜』公演で“本人確認”を導入することを発表した。

 公式サイトでは「今般のももいろクローバーZ公演のチケットを、インターネットオークションに出品したり、金券ショップに転売する等の行為が頻繁に見受けられる」とし、不正なルートでのチケットの転売や譲渡の撲滅のために、『ももクロ春の一大事 2014』公演では、「AE会員の方は、IC会員証のご提示による 会員ご本人様情報の確認」及び「チケットご購入者様の身分証明書のご提示による ご本人様確認」を導入すると説明。

 購入チケットについては、「ご購入者ご本人にご覧頂くための販売に限らせて頂いております」と念押し、「インターネットオークション、対面販売その他方法の如何に関わらず、第三者より入手されたチケット、他人名義のチケットでのご入場は出来ませんので、何卒ご注意ください」と強く呼びかけている。

 なお、「座席のご購入者名義(AE会員証データ、及び座席引換券に登録されたご名義)と実際のご入場者が異なる場合は、いかなる理由にもかかわらず、当日のご入場をお断りさせて頂きますのであしからずご了承ください」としている。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索