アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 華原朋美、7年ぶり公演に感涙「私の人生波瀾万丈」

華原朋美、7年ぶり公演に感涙「私の人生波瀾万丈」

 歌手の華原朋美が14日、東京・青山劇場で復帰後初、7年ぶりとなる単独コンサートを行い、約2時間半にわたって18曲を熱唱。満員の1200人の観客を魅了した。客席から「朋ちゃん」コールが飛び交うと、額を押さえて必死に涙をこらえた華原は「本当にみんなに会えてうれしい」と声を震わせ「休んだり歌ったりみんなを振り回したかもしれないけど、これが今の私です」と胸を張り、深々と一礼た。

 2007年に活動休止し、昨年12月に復帰して以来、CD発売記念イベントなどは行ってきたが、単独公演は2006年9月以来7年ぶり。ステージは華原自らが栄光から転落、再起までの心の葛藤を執筆し、そのエピソードを基に構成・演出。スクリーンには「孤独」「奇行」「ドタキャン」「解雇」など衝撃的な文字が踊り、赤裸々な朗読をファンは身じろぎせずに聴き入った。

 中盤からは「Hate tell a lie」「I BELIEVE」「LOVE IS ALL MUSIC」「I’m proud」など往年のヒット曲のオンパレード。4パターンの衣装はいずれもミニスカートで、若々しいステージにファンは総立ち状態となった。

 「お友達」というタレントの千秋、歌手・岡本真夜、自身の母親らが来場していることを紹介した華原は「お母さんが(所属事務所の)尾木社長に会って泣いていて。最近、お母さんが急に人生変わったように明るくなって…本当に心配かけてごめんなさい」と詫びた。熱愛が報じられた明治天皇の玄孫で慶応大学講師の竹田恒泰氏については触れなかった。

 「1年半前はこんな自分を想像できなかった」という華原は「日本に帰るたびに薬物依存症が出て、ヤフートピックスに載って、みんなが悲しい思いをするという繰り返しだった。私の人生波乱万丈すぎて、これくらいでは収まりそうにありませんが、今日の日のことはずっと忘れません。みんなと私の思い出です」と感激していた。

 公演はあすも同所で開催。チケットが即日完売したことを受け、急きょ今月25日に東京・NHKホール公演が行われることも決定した。25日公演の模様は、来年1月2日午後7時からWOWOWで独占放送される。



関連写真

  • 7年ぶりとなる単独コンサートを開催した華原朋美
  • 涙も浮かべた朋ちゃん 全18曲を熱唱した
タグ

オリコントピックス