• ホーム
  • 音楽
  • 【第5回AKB総選挙】峯岸みなみ、18位で初の“選抜圏外” たかみな号泣

【第5回AKB総選挙】峯岸みなみ、18位で初の“選抜圏外” たかみな号泣

■『第5回AKB48選抜総選挙』開票イベント(8日、横浜・日産スタジアム)
 AKB48・研究生の峯岸みなみが18位となり、自身初の“選抜圏外”となった。今年1月末に熱愛騒動で丸刈り謝罪し、2月1日付で研究生に降格。再起を図り「厳しい結果になったとしても、すべてを受け止め、一歩踏み出したい」と出馬を表明していた。

 この日、ウィッグを外して開票イベントに臨んだ峯岸は速報26位から浮上し、18位の発表にも表情を崩さず、堂々と壇上に登場。同じ初期メンバーの高橋みなみは結果を聞き、思わずうずくまって号泣した。

 峯岸は「大好きなAKB48を傷つけてしまった私が、今回立候補していいのかと思ったのですが、このステージに立ちたいと思うようになりました」と声を震わせながらあいさつ。さらに、「感謝の気持ちを伝えるきっかけを作ってくださったみなさんに感謝しています。どんなにかっこ悪くても、一から頑張って、またAKBとして認めててもらえるように頑張ります」と活躍を誓った。

 また、ウィッグを取って登場したこともあり「おかげさまで、髪の毛はだいぶのぶてきました。のびた髪の毛の分、私も成長していると思ってください」と呼びかけた。研究生としては、これまで第2回で記録した島崎遥香の28位が最高位だったが、今回峯岸が最高位を更新した。

順位推移
初回:16位 2回:14位 3回:15位 4回:14位 第5回初日速報:26位



オリコントピックス