• ホーム
  • 音楽
  • 氣志團、今年も地元で“万博”開催 第1弾はももクロ&乃木坂46

氣志團、今年も地元で“万博”開催 第1弾はももクロ&乃木坂46

 ロックバンド・氣志團が、地域密着型ロックフェス『氣志團万博2013 〜房総爆音梁山泊〜』を2年連続で開催することが決まった。9月14、15日の2日間にわたって、地元の千葉・袖ケ浦海浜公園で行われる。

【写真】その他の写真を見る


 近藤真彦、小泉今日子、浜崎あゆみ、VAMPS、ゴールデンボンバーらが出演した昨年同様、「ありえないを形にする。」がテーマ。第1弾として、初日にフェス初登場となる乃木坂46、2日目に2年連続出場となるアイドル界の“対バン番長”ももいろクローバーZの2組が発表された。

 團長の綾小路翔は開催に向けて声明を発表し「我々は氣志團万博を二年連続開催致します。夢と希望を乗せた、挑戦と挑発。氣志團はこの夏、「ありえないを形にする。」の看板を再び掲げます」と宣言。

 「氣志團万博は体験です。景色を、空気を、音を、その全身で感じて下さい。南房総の小さな港町で生まれ育った名もなき田舎者が今宵、世界中に向けて声高らかにシャウトします。『俺の街、来ないか?』 太陽と潮風の国で、君達を待っています」と呼びかけ、「追伸:期待しかしないで。」と結んでいる。出演者は今後も随時発表される。



関連写真

  • 氣志團が今年も袖ケ浦海浜公園で『氣志團万博』開催
  • 初出場の乃木坂46(9月14日出演)
  • 2年連続出場のももいろクローバーZ(9月15日出演)
  • 『氣志團万博2013』バナー

オリコントピックス