エビ中、単独初の野外ライブに4000人 初のドラマOPテーマ披露

 アイドルグループ・私立恵比寿中学が3月31日、東京・よみうりランドで初の野外ワンマンライブ『狂い咲きエビィーロード〜終わりなき進級〜』を開催した。6月5日発売の4thシングル「手をつなごう/禁断のカルマ」の2曲と、テレビ東京系アニメ『ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2 エピソードN』のエンディングテーマ「サクラ・ゴーラウンド」の新曲3曲を初披露し、集まった4000人のファンを喜ばせた。

【写真】その他の写真を見る


 チケット一般発売からわずか55秒で完売した本公演は、会場の遊園地にちなみ、ピエロやゾンビらが登場するにぎやかな演出のライブに。安本彩花(14)は「ようこそ、エビ中テーマパークです!」と元気のいいあいさつでファンを出迎え、杏野なつ(15)も「桜もきれいに咲いてて、楽しいテーマパークになりそう」と声を弾ませた。

 ライブ中には新曲「禁断のカルマ」が、4月12日スタートのテレビ東京系ドラマ『ヴァンパイア・ヘヴン』(毎週金曜 深0:52)のオープニングテーマに決定したことをファンに報告。エビ中初のドラマタイアップに瑞季(16)は「オープニングに流れるなんてまだ想像できないけど、ドラマにピッタリな曲」とアピールした。

 エビ中は、終始元気いっぱいなパフォーマンスで全21曲を披露。「永遠に中学生」という楽曲があるように、4月1日から中学“4年生”に進級する星名美怜(15)は「真山りかちゃん(16・新中学5年)を見てて、“中学4年生”に憧れ的な部分があった。普通に(私生活でも)中学4年生って言っちゃうかも」と笑っていた。

関連写真

  • 初の単独野外ライブを開催した私立恵比寿中学(前列左から:杏野なつ、廣田あいか、瑞季、鈴木裕乃 後列左から:柏木ひなた、星名美怜、真山りか、安本彩花、松野莉奈) (C)ORICON NewS inc.
  • ステージにゾンビが登場!
  • 元気いっぱいのパフォーマンスで全21曲を熱唱
  • ポケモンEDテーマ「サクラ・ゴーラウンド」など新曲も披露した

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索