宮澤佐江、SNH48に「人生を懸けたい」 海外移籍組は4人とも「自分の意志」

 24日に行われたAKB48初の東京ドーム初日公演で海外移籍が発表された宮澤佐江ら4人が同日深夜、自身のブログを更新した。宮澤は「秋元先生に進められたのではなく、自分の意志で決めさせていただきました」と説明。「自分の人生をSNH48に懸けたいと思っています。行くからには、参加させていただくからには、死ぬ気でやってやります。意地を見せてやります」と強い決意を表明した。

 今回の海外移籍の発端は、総合プロデューサーの秋元康氏が先月21日付のGoogle+で「AKB48の海外チームと打ち合わせをしていて、“海外留学制度”を設けようということになった。インドネシアのJKT48、上海のSNH48、台湾のTPE48など、次々に広がっているグループに、メンバーとして留学してもらおうということである」「期間は半年から一年を予定」と書き込み、希望者を募っていた。

 決断するまでにたくさん悩んだという宮澤は「秋元先生には“SNH48に命を懸けられないんだったらやめなさい。”と言われました」と告白。「命より上のものって考えてみたらなかったけど、私は今回、自分の人生をSNH48に懸けたいと思っています」と宣言し、最後に「“自分の出した決断に後悔はない。”」と締めくくった。

 インドネシア・ジャカルタのJKT48へ移籍する高城亜樹はGoogle+で「ビックリさせちゃってごめんなさい。この移籍は自分の意思で決めた移籍です!」「自分で一歩踏み出して何かに挑戦していかなければ終わってしまう気がしたんです」と説明。「だからファン皆さん!私の夢が叶うまでどうか見捨てないでください。いつか夢がかなったとき皆さんに恩返しがしたいです」と呼びかけた。

 仲川遥香もGoogle+で「秋元先生からJKT48留学という話が上がって私は真っ先に行きたいと思いました。AKBにいるのがいやとかじゃなくて海外にいって自分を試してみたい! 挑戦してみたいって! 思ったんです!!!!」とし「ジャカルタは日本から遠いけど私はどこにいってもかわりません!」と元気いっぱいに宣言。鈴木まりやは自身のブログで「新しく発足されるSHN48を立ち上げから一緒に頑張って、AKB48が1から作り上げる為にやったことを経験して刺激を受けたいと思いました」と好奇心を胸に成長を誓った。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索