いきものがかり、NHK五輪ソングは8分弱の大作バラード

人気3人組ユニット・いきものがかりが7日、今夏の『NHKロンドン五輪放送』テーマソング「風が吹いている」(7月18日発売)を東京・NHKホールで初披露した。リーダーの水野良樹(Gt)が作詞・作曲を手がけた同曲は、いきものがかり史上最長の7分40秒に及ぶ大作バラード。水野は「オリンピックは時代を象徴するもの。その一瞬をちょっとでもみんなで共有できればという願いを込めました」と熱を込め、ボーカルの吉岡聖恵も「自分たちの曲で少しでも、ほんのカケラでも、選手たちの励みになってくれれば嬉しいです」とエールを送った。

いきものがかりの2012年第3弾シングルとして発売される同曲は...

この記事の画像

  • いきものがかり(左から水野良樹、吉岡聖恵、山下穂尊) (C)ORICON DD inc.
  • パフォーマンスの模様 (C)ORICON DD inc.
  • 伸びやかな声で歌い上げた吉岡聖恵 (C)ORICON DD inc.
  • 『NHKロンドン五輪放送』のテーマソング「風が吹いている」を初披露したいきものがかり (C)ORICON DD inc.
  • 『NHKロンドン五輪放送』のテーマソング「風が吹いている」を初披露したいきものがかりの山下穂尊 (C)ORICON DD inc.
  • 『NHKロンドン五輪放送』のテーマソング「風が吹いている」を初披露したいきものがかりの水野良樹 (C)ORICON DD inc.
  • 『NHKロンドン五輪放送』のテーマソング「風が吹いている」を初披露したいきものがかり(左から水野良樹、吉岡聖恵、山下穂尊) (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索