AKB篠田、上空15mで「上からマリコ」 グループ初のフライング演出

 人気アイドルグループ・AKB48が24日、さいたまスーパーアリーナでコンサートを行い、篠田麻里子が自身初のセンター楽曲「上からマリコ」に乗せ、同グループ史上初となるフライング演出でファンを魅了した。15mの高さまで上昇した篠田は「イリュージョンですね。見晴らしがよくて楽しかった」と、ファン2万5000人を“見下ろした”絶景にご満悦だった。

【写真】その他の写真を見る


 3days公演の2日目は、篠田のフライングショーで幕を開けた。冒頭、暗転したステージの上空からゴンドラに乗って篠田が登場すると、会場は割れんばかりの「マリコ」コール。じゃんけん選抜の藤江れいな、峯岸みなみ、秋元才加らを引き連れて「上からマリコ」を披露し、楽曲中盤に差し掛かると、篠田の体がゆっくりと上空に舞い上がった。

 「オー!!」と地響きにも似た歓声が起こり、観客の視線はまさに“上からマリコ”に釘付け。篠田は「朝起きたら、背中に羽が生えてたので、飛べるんじゃないかって思った」と茶目っ気たっぷり。峯岸から「緊張してた。ジェットコースターとか苦手だよね」と突っ込まれると「飛ぶために何回練習したことか」と嘆きながらも「(上がる)スピードも遅かったし、楽しかった」と笑顔を振りまいた。

 下から見上げる形で篠田の晴れ姿を見守った藤江は「あの時、勝ってたら飛べたのかも」と決勝で篠田に敗れたことを少し悔いながらも「見てるだけでも恐かった」と及び腰だった。

⇒【フォトギャラリー】笑いあり、涙あり… 2万5000人のファンが熱狂したコンサートの模様

関連写真

  • グループ史上初となるフライング演出でファンを魅了した篠田麻里子
  • じゃんけん選抜メンバーが「上からマリコ」を披露
  • 15mの高さまで上昇した篠田麻里子
  • ゴンドラに乗って篠田が登場
  • 楽曲中盤に篠田の体がゆっくりと上昇

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索