アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 氷室京介、義援金総額8億円超え 新曲著作権料の寄付も表明

氷室京介、義援金総額8億円超え 新曲著作権料の寄付も表明

 歌手の氷室京介が東日本大震災の義援金として、昨年6月に東京ドームで行ったチャリティーライブのDVD販売による収益金など2億1136万4422円を新たに寄付したことが明らかになった。これまでの寄付総額は8億8058万5362円にのぼる。

 所属レコード会社によると、全編BOOWY楽曲で行った東京ドーム公演のDVD販売による収益金1億5964万2481円を、岩手県「いわての学び希望基金」、宮城県「東日本大震災みやぎこども育英基金」、福島県「東日本大震災ふくしまこども寄付金」および「特定非営利活動法人ジャパンハート」に寄付した。

 さらに、同公演のグッズ通信販売や公式サイトで呼びかけているインターネット基金で集まった5172万1941円を「特定非営利活動法人ジャパンハート」に寄付。それぞれ震災遺児孤児ら被災地の子どもたちを支援する活動資金に充てられる。

 氷室は14日発売の新曲「IF YOU WANT」の著作権料もJASRACの「東日本大震災復興支援基金『こころ音』基金」に全額寄付することを表明。本作の初回生産分には、昨年6月の東京ドーム公演や昨年末のアリーナツアーの模様を映画監督・三池崇史氏の視点で編集した特典映像を収録した。



関連写真

  • 東日本大震災で被災した子どもたちを支援するため新たに2億円超を寄付した氷室京介
  • 新曲「IF YOU WANT」(3月14日発売)の著作権料も全額寄付へ

オリコントピックス