• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】赤西仁、全米デビュー作が国内首位

【オリコン】赤西仁、全米デビュー作が国内首位

 歌手・赤西仁(27)の全米デビューミニアルバム『TEST DRIVE featuring JASON DERULO』(7日発売)が初週10.9万枚を売り上げ、12/19付週間アルバムランキングで首位に初登場した。

 赤西ソロでの首位は、ソロデビューシングル「Eternal」(3月発売)に続き2作連続。日本人アーティストによる海外デビュー作品のオリコン1位は、2004年9/20付で宇多田ヒカル(Utada)の『EXODUS』(2004年9月発売)以来7年3ヶ月ぶりとなった。

 本作は、“JIN AKANISHI”名義で先月発売し、米iTunes ダンスチャート1位、総合チャートTOP10入りを果たして話題となった全米デビューミニアルバムの日本盤。今月28日には“赤西仁”名義で日本2ndソロシングル「Seasons」を発売する。



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




オリコントピックス