アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • ミスチル、宮城で復興ライブ 全国の“元気”を被災地へ

ミスチル、宮城で復興ライブ 全国の“元気”を被災地へ

 人気ロックバンド・Mr.Childrenが、9月24日・25日の2日間、被災地の宮城・国営みちのく杜の湖畔公園 風の草原で復興支援ライブを行い、両日で5万人を動員した。同ライブは、4年ぶりのスタジアムツアー『Mr.Children Stadium Tour 2011 “SENSE” 〜in the field〜』の最終公演として行われ、ツアーの各会場で撮影された、ファンひとりひとりが種になり、それが芽を出して元気な花を咲かせるという“元気のリレー”と題したビデオレターを宮城の地に届けた。

 先のアリーナツアーで予定していた東北公演は、震災の影響で中止。“被災地に行き音楽を届けることで震災にあわれた方々に少しでも喜んでもらい、元気になってもらえれば”という想いから、半年という節目に公演が実現した。

 震災後、初めて東北の地でライブを行ったミスチルは、震災を受けて桜井和寿が書き下ろした「かぞえうた」をはじめ、最新アルバム『SENCE』の楽曲を中心に全26曲を演奏。最後は「終わりなき旅」で3時間に及ぶステージに幕を下ろした。

 なお本公演はap bankを主催とし、収益金は復興支援の活動資金として、東日本大震災の復興支援のために立ち上げられたプロジェクト“ap bank Fund for Japan”に全額寄付される。



オリコントピックス