• ホーム
  • 音楽
  • Da-iCE、独自のJ-POPサウンドを追求 メジャーデビュー5周年への決意

Da-iCE、独自のJ-POPサウンドを追求 メジャーデビュー5周年への決意

 5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEが、4枚目となるアルバム『BET』を8月8日に発売する。本作は、メンバー全員が楽曲制作に携わった意欲作。来年1月にメジャーデビュー5周年を迎える彼らが、音に対するこだわりや独自の制作方法について語った。

ダンス&ボーカルだからこそ、わかりやすい歌詞を意識

 来年1月、メジャーデビュー丸5年を迎える5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEが8月8日、4thアルバム『BET』を発売した。ボーカル兼パフォーマーの大野雄大は、タイトルに込めた思いをこう語る。
「グループ名のDa-iCEは、僕らのアーティストコンセプトである“DANCE”と、サイコロの“DICE”を掛け合わせた造語で、メンバー5人にファンを加えた6となって初めて1つのアーティストとして成り立つという思いを込めて付けました。今回のアルバムは、そのグループ名からインスピレーションを受けて、“今までも、そしてこれからも僕らはDa-iCEに賭けていく”という5周年イヤーの強い決意を込めて、“賭ける”という意味の『BET』にしました」(大野)

 今回のアルバムでは、メンバー全員が楽曲制作に携わっている。「BET」は、工藤大輝、岩岡徹、和田颯のパフォーマー3人が作詞に参加。和田は、本作で初めて作詞を経験した。
「WHITE JAMのGASHIMAくんが書いてくれたガイドラインをもとに、3人でアイデアを出し合って、肉付けする感じで仕上げていきました。こう聞くと、3人で喋りながら書いているイメージだと思うんですが、実際は、各々イヤホンでデモ音源を聴きながら、無言でずっとLINEでアイデアを送り合っていました。ファミレスで1つのテーブルに集まっていながらほぼ喋らず(笑)」(工藤)

 工藤が作曲した「Flash Back」でも、花村想太と作詞を担当した。
「そもそものアイデアは想太で、想太が一番を書いて、僕がそれを少し手直ししながら、二番を書きました。詞ってやっぱりキャラが出ますよね。僕ひとりでは思いつかないアイデアが出てきたりするので、共同で作るのは本当に楽しい。1人でゼロから生み出すより、それぞれがその人らしい視点を広げて1曲に仕上げていく作業のほうが僕は楽しかったりしています」(工藤)

 また、バラードの「いつか...」は大野・花村が作詞を手がけた。
「過去のDa-iCE、今のDa-iCE、未来のDa-iCE、全部にはまるような曲になっていると思うので、昔から僕らを知ってくれている方にとっては、これってあのときのことを言っているんだなと考えて聴いてほしいですし、僕らを新しく知った方にとっても、それぞれの人生にはまる曲になっていると思うので、自分自身の「いつか...」として聴いてもらえたらいいなと思っています」(大野)

 そんな彼らが自身の強みだと語るのも「歌詞」。
「結成当初から歌詞がわかりやすいことを意識してきました。ダンス&ボーカルだとトラックも激しいですし、声がどうしても埋もれやすい環境にあるので、レコーディング時も、発音や韻の踏み方には結構こだわって作っています」(大野)

海外トレンドを上手く取り入れた独自のJ-POPサウンドを追求

 そのこだわりから今回はレコーディングでこんな新たな挑戦もした。
「自分たちの声やニュアンスをより伝えるために、あまりダブリングをとらず、ほとんど生歌に近いミックスにしました。ダブリングすると、音としてはパワーが出ますが、ニュアンスが消えてしまうし、声も聴きにくくなりますからね」(花村
「楽器も生音をすごくたくさん使っているので、ニュアンスがより出ていると思います」(大野)

 音に関してはDa-iCEならではのこんなこだわりがある。
「結成当時から、トレンドを取り入れつつも、Da-iCEらしさを消さないことを考えています。そのDa-iCEらしさというのは、僕らは全員 J-POPが好きで、J-POPを聴いて育ってきたこと。ですから、海外のトレンドを入れるにしても、最終的にはJ-POPになるよう、常にそのいい塩梅を追求しながら作っています」(工藤)

 今回、ダンスでも新たなステージに挑戦している。
「振り付けが余裕感半端なく、今までよりも大人なDa-iCEになったんじゃないかと思います」(和田)

 初回限定盤収録の「FAKESHOW」のMVでは、彼らのキレと色気溢れるダンスはもちろん、タイトル通り、さまざまなギミックに加え、昨今盛り上がりを見せるトリックアートも取り入れ、錯覚を呼び起こす物理的な仕掛け、さらに時間や空間を利用した仕掛けなどをCGを一切使わずにアナログで実現。
「初めてワンテイク、ワンカットで撮りました。緊張感あふれる環境のなか、新鮮さもありつつ、監督さんの熱量もすごくて、撮り終えた時には感動しました」(岩岡)

 5周年を控えて、自分たちのことを「ライブという実践を重ねて、デビュー当時よりスキルアップは確実にできていると思う」と語る5人。9月24日からは過去最大規模のツアーを開催。「常にグループとしてのベストを更新し続けていけるように気合を入れて臨みたい」と目を輝かす。

(文/河上いつ子 写真/八木虎造)
[18年8月6日号 コンフィデンスより]

Da-iCE「Flash Back」ミュージックビデオ

Da-iCE オフィシャルサイト(外部サイト)
Da-iCE mu-moサイト(外部サイト)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年10月22日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年10月22日号

<COVER STORY>
湯浅政明氏(アニメーション監督 サイエンスSARU 代表)
最大公約数の誰もがおもしろがれるところで
自分ができることを探りたい

<SPECIAL ISSUE>
「15th TIMM」開催、「ANiUTa」にも新たな動き
海外展開最新レポート

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!