• ホーム
  • 音楽
  • 【YouTubeチャート】BLACKPINKが日本ブレイクの兆し、東京ゲゲゲイも注目増

【YouTubeチャート】BLACKPINKが日本ブレイクの兆し、東京ゲゲゲイも注目増

 7月2日に発表された「週間YouTubeチャート」(集計期間:6月22日〜6月28日)から、「楽曲ランキング」「アーティストランキング」「ミュージックビデオランキング」の3カテゴリに分けて、注目トピックスを解説。
 「楽曲ランキング」では、先週2位だった米津玄師「Lemon」が首位に返り咲いた。また、長らく首位をキープしていた米津玄師「Lemon」を抑えて、先週、初登場首位を獲得したBLACKPINK「DDU-DU DDU-DU」が当週も上位をキープ。2位にランクインした。

BLACKPINK「DDU-DU DDU-DU」

 「DDU-DU DDU-DU」について特筆すべきは、公式ミュージックビデオの週間再生回数(「ミュージックビデオランキング」)では154万9789回(3位)を記録したのに対して、同楽曲を使用しているその他の映像も加えた「楽曲ランキング」では、約2倍にあたる293万6694回を記録している点だ。MV以外にもダンス練習の模様を収めた、「DANCE PRACTICE VIDEO」や、音楽番組での歌唱シーンなども多く再生されており、これらが全体の再生回数増に繋がっている。国内でも三浦大知や、現在「U.S.A.」が大ヒット中のDA PUMPなど、1つの楽曲に対して、練習風景やフリーライブの模様、メイキング等を数多く配信するケースが増えており、こうした細やかなアプローチもファンとのエンゲージメントを高めることに繋がっているようだ。
 なお、当週の「楽曲ランキング」での初登場曲では、東京ゲゲゲイ「YES OR NO」が15位、倖田來未「め組のひと」が17位、Red Velvet「#Cookie Jar」が18位にそれぞれランクインした。

東京ゲゲゲイ「YES OR NO」

 東京ゲゲゲイは、振付師でリーダーのMIKEYを中心に活動するダンスパフォーマンス集団。17年8月に配信を開始したMV「ゲゲゲイの鬼太郎」が1700万回再生を突破するなど話題を集め、公式チャンネルの登録数は16万超。また、ショート音楽動画コミュニティ「Tik Tok」への配信を契機に注目を集めた倖田來未によるラッツ&スターのカバー「め組のひと」はYouTubeでは“1コーラス ver.”を配信。K-POPガールズグループ、Red Velvetは7月4日に待望の日本初リリースアルバム『Cookie Jar』を発売。表題曲「#Cookie Jar」のMVを6月21日にYouTubeへ配信。日本国内でだけでなく、韓国本国でも多く再生されている。

倖田來未「め組のひと」

YouTubeチャート「週間楽曲ランキング」

YouTubeチャート「週間アーティストランキング」

YouTubeチャート「週間ミュージックビデオランキング」

【ランキング説明】
◆『楽曲ランキング』※YouTubeで最も再生された曲
「楽曲ランキング」は、YouTubeで再生された同じ楽曲の様々なバージョンの合計再生回数を集計し生成されるもの。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、歌詞動画などの公式コンテンツの再生回数が集計されている。なお、「楽曲ランキング」には、YouTubeにおける視聴者の傾向、およびアーティストがYouTubeで音楽を共有する様々な方法が反映されている。
※日本時間・毎週月曜日更新。

◆『アーティストランキング』※YouTubeで人気のアーティスト
「アーティストランキング」は、アーティストによる音楽関連動画全体の合計再生回数に基づいて生成されるチャート。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、公式ライブパフォーマンス、リミックス、歌詞動画、アルバムトラック、コラボレーションなどの再生回数がチャートに反映されている。
※日本時間・毎週月曜日更新

◆『ミュージックビデオランキング』※多く視聴されたミュージックビデオ
「ミュージックビデオランキング」は、YouTubeで最も多く視聴されたフルバージョンの公式ミュージックビデオの再生回数から生成されるチャート。
※日本時間・毎週月曜日更新

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年7月23日 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年7月23日

<COVER STORY>
細田守氏(映画監督)
世の中がどんどん変化している今
もっと自分たちで作り上げていけるものがある

<SPECIAL ISSUE>
固定概念に囚われない自由さの魅力
百花繚乱“フィメールラッパー”時代の到来

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!