アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • “CwHW現象”を巻き起こす成長“ストーリー” メディアミックスの完成形とは

“CwHW現象”を巻き起こす成長“ストーリー” メディアミックスの完成形とは

 CHiCO with HoneyWorks(CwHW)が3月16日に初の東京日本武道館公演を行う。昨年夏の東京日比谷野音を含め、これまで行ったワンマンライブをすべてソールドアウトにしてきた彼らだが、日本武道館の1万席も早々に完売。直前に発売された2ndアルバム『私を染めるiの歌』は、3/12付週間アルバムランキングで5位に初登場した。デビュー以来、数々のメディアミックス展開を成功させ、10代女子を中心に、いわば“CwHW現象”とも言えるブレイクを果たしたCwHWのクリエイティブに迫るべく、ユニットの中心人物であるコンポーザーのGom氏に話を聞いた。

アーティストとして“染まっていく”CHiCO自身の成長もテーマ

  • 2ndアルバム『私を染めるiの歌』【初回生産限定盤】

    2ndアルバム『私を染めるiの歌』【初回生産限定盤】

――2ndアルバムではどのようなことをテーマに据えていたのでしょうか。
Gom 1stアルバムから2年以上空いて、タイアップも多くいただけていたので、全体のテーマというよりは1曲1曲それぞれにテーマがある感じですね。最終的にアルバムとしてはバラエティーに富んだものになったなと感じています。今までにないような楽曲も書き下ろしてます。アルバムタイトル『私を染めるiの歌』と銘打ったように、元々“普通の女の子”だったCHiCOが、“アーティスト”CHiCOとして少しずつ染まっていったような、そんな彼女の成長がテーマかもしれません。

――CHiCOさんのボーカルの魅力とは?
Gom CwHWの全国ツアーだったり、HoneyWorksの全国ツアーだったり、かなりの数のライブを経て、ボーカリストとして何倍にも実力が底上げされていて、今はとにかく頼もしい存在です。デビューシングルでは透き通った声がとても魅力的だったのですが、今や表現の引き出しが豊富すぎるくらいなので、新曲ごとにどの表現を使ってもらうかというのが重要でした。

――タイアップ楽曲への評価の高さも特徴的です。
Gom アニソンが多いのですが、タイアップ作品のイメージを壊さないように注意しています。作品に寄り添えたんじゃないかなぁという時、またそういった言葉をファンの方からもらえた時は嬉しいですね。純粋に制作面で言えば、曲調や尺に制限があるという事なので、その中でどう遊ぶかを考えている時間は楽しいです。とはいっても実際手を付けてから完成するまでは試行錯誤の繰り返しで辛いんですけど(笑)

バンドとして“かっこいい音楽”を作っているとシンプルに言い切れる

  • 2ndアルバム『私を染めるiの歌』【通常盤】

    2ndアルバム『私を染めるiの歌』【通常盤】

――クリエイティブチームHoneyWorksと、ボーカリストCHiCO、初めての印象と3年経った今の印象ではどのような変化を感じますか。
Gom まず、HoneyWorksが、初見からはどんどん得体の知れない存在になっていて。shitoと立ち上げて、ヤマコを誘って、チーム名を付けて、という流れでしたが、初めは僕の音楽作家としてのソロプロジェクトに近いぐらいのものでした。そこからイラストレーターが増え、バンドメンバーが増えて。そして告白実行委員会が生まれ、アニメもやり、小説も出ているという。「HoneyWorksってどんなチームなんですか?」って聞かれると、いつも一言で答えきれなくて。そんな中、CHiCOと出会えて彼女の成長とともに実績を作ってこられて、CwHWはバンドだよ、かっこいい音楽を作ってるんだよ、とシンプルに言い切れる安心感があります。出会ったときは壁を見つめながら話していた初々しいCHiCOが、今ではHoneyWorksに一つ太い芯を通してくれている気がします。

――サウンドプロデュースを担っているHoneyWorksから見たCHiCO with HoneyWorksの魅力とは?
Gom CHiCOの歌声はもちろんですが、Ojiやcakeを中心としたバンドメンバーが奏でるサウンドも魅力です。そしてヤマコ、モゲラッタ、ろこる、ziroの作り出すMVも支持されている部分だと思います。

ライブは自分のニュートラルに戻してくれる大事なイベント

――3月16日には武道館ライブが控えています。HoneyWorks、そしてCHiCO with HoneyWorksにとってライブとは?
Gom 僕個人にとってのライブは、ミュージシャンとしての考え方をニュートラルに戻してくれる大事なイベントですね。裏方としての仕事が多く、表舞台に立つことが減った最近でも、年に数回はステージに立つようにしています。そうしないと大事な温度感が分からなくなってしまうんじゃないかなと。そして忘れたくないなと。単純に楽しいのでご褒美でもありますけどね。CwHWのライブでは、CHiCOが以前のツアーでテーマとして掲げていた「みんなで作るライブ」がどんどん実現しているなと感じます。CHiCO、バンドメンバー、オーディエンスが一体となってライブを作り上げていく雰囲気がとても素晴らしいです。

――最後に日本武道館ワンマンライブへの意気込みをお聞かせください。
Gom CHiCOやバンドメンバーは純粋に楽しみにしている雰囲気がありますね。ツアーで培ってきたチームワークでオーディエンスを存分に楽しませたいですね。
CHiCO with HoneyWorks オフィシャルサイト(外部サイト)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年12月10日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年12月10日号

<COVER STORY>
石川恵子氏(ソニー・ミュージックエンタテインメントコーポレートSVP)
「多様化するビジネスに対応する体制作りと
皆がチャンスを得て活躍できる組織を目指す」

<SPECIAL ISSUE>
ライブで大人を楽しませる方法
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.18

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!