• ホーム
  • 特集
  • 流行りモノ調査隊 ♯3 『ウルトラセブンX』
流行りモノ調査隊 流行りモノ調査隊
#003 今週の急上昇キーワード(更新日:2007/08/14)
『ウルトラセブンX』
PAGE: 1 | 2 | 3
急上昇の理由
円谷プロダクションのウルトラシリーズの中でも常に1、2を争う人気の『ウルトラセブン』が、生誕40周年の節目に復活!以前からファンの間で噂されていたテレビシリーズでの復活が7月26日、円谷プロダクションから正式発表され、同日付けのスポーツ紙でも報じられた。ストーリーは?キャストは?見どころは?いまだ多くが謎に包まれた『ULTRASEVEN X』の詳細情報を求めて、円谷プロダクションへ“潜入捜査”を行った!
40年ぶりにテレビシリーズとして復活
 今年は『ウルトラセブン』が初めて地球に来てから、40年目の記念すべき年。

 『ウルトラマン』の次のシリーズとして、1967年10月から1968年9月まで、TBS系でテレビ放送された。その後、何度となく再放送されたほか、ゾフィー、ウルトラマンに継ぎ3番目のウルトラ兄弟として他のウルトラシリーズにもたびたび登場しており、1994年には日本テレビ系でスペシャルとして復活も果たした。また、「平成セブンシリーズ」と呼ばれるビデオ&DVD で、ドラマは脈々と続いていた。しかし、テレビシリーズでの復活は『ULTRASEVEN X』が初めてとなる。
五頭身半から八頭身に、大変身!
ウルトラセブンX (C)2007 円谷プロ/ULTRASEVEN X PROJECT 旧作では地球侵略をたくらむ宇宙人と戦った『ウルトラセブン』。地球では、地球防衛軍の精鋭部隊・ウルトラ警備隊のモロボシ・ダン隊員として活躍し、ピンチになるとウルトラアイを装着して、『ウルトラセブン』に変身した。

  新作の『ULTRASEVEN X』のストーリーは?

 「人類滅亡をたくらむエイリアンがある世界に侵入。この世界を防衛するため組織された『DEUS』(デウス)のエージェントで、ジンと呼ばれる男がウルトラセブンに変身し侵略者と戦うという内容です」と話すのは、円谷プロダクションの表有希子プロデューサー。そう、『ULTRASEVEN X』は女性プロデューサーが手がけるのだ。

 「外見は40年前とほぼ同じ。甲冑をイメージしたデザイン、シンプルな格好良さを生かしつつ、現代風にクールにスタイリッシュにアレンジしました」と表プロデューサー。

 新しいセブンは、腹筋が割れ、スリムになっている。しかも頭部が小さくて、足が長い!まさに八頭身だ。この40年間に、日本人の体型も変わったということか。

 ジンを演じるのは沖縄出身のイケメン俳優として人気上昇中の与座重理久(よざ・えりく)。さらに、謎の登場人物がもう1人・・・、それも長身のイケメンだとか!?

 「ウルトラ警備隊のような隊員服も、あえて排除しました。ウルトラホークやポインターのようなスーパーメカも登場しません。もちろん、変身後、巨大化してエイリアンと組み合って格闘するシーンもありますが、等身大のアクションシーンにも強くこだわりました。コンピューター・グラフィック(CG)などの最新技術もふんだんに使った迫力ある映像をお楽しみいただけると思います」(表プロデューサー)

 「ちょっと、待て。セブンの姿に変身はするけど、まったく別物じゃないか!」

往年のファン(ほとんどが男性だと思われるが・・・)からはそんな“批判”も聞こえてきそうだ。クールでスタイリッシュな『ULTRASEVEN X』に賛否両論が噴出するのは必至!?
 
 次のページでは、世代を超えて愛される『ウルトラセブン』の人気の秘密に迫る。
NEXT
PAGE: 1 | 2 | 3