• ホーム
  • 音楽
  • ゆず『最新「GO LAND」ツアーから“60回目”の横浜アリーナ公演をレポート』

ゆず『最新「GO LAND」ツアーから“60回目”の横浜アリーナ公演をレポート』

5月1日にリリースしたアルバム『LAND』を引っ提げ、全国で29公演開催されたツアー『YUZU ARENA TOUR 2013 GO LAND』が、延べ25万人を動員して終幕した。関東での追加公演最終日となった9月23日には、横浜アリーナに1万2,416人が集まり『LAND』の世界を楽しんだ。

「まさかこんなことになるとは!」“60回目”の横アリ公演

 ステージセットはサーカステントの形、ステージから延びる花道はリング状。アルバム『LAND』の世界に登場するピエロなどのキャラクターが、開演前から場内を練り歩く。移動遊園地やサーカスの会場といった雰囲気に、誰もが童心に還って開演を心待ちにした。

 かもめ児童合唱団による「ムーンライトパレード」が開演のときを告げ、ピンスポットがパッとつくと灯りの下には、ゆずの2人。1曲目は「砂漠のメリーゴーランド」。華やかなオープニングから一転して、乾いたアコースティックギターがかき鳴らされ、力強くも繊細な歌声が場内に響き渡る。このオープニングには意表を突かれたが、遠くをまっすぐ見つめる2人の歌声に、ぐいぐい引き込まれた。続いて「流れ星キラリ」。シンセサイザーの音色と2人のハーモニーが美しく場内に響く中、ビジョンには『LAND』のサーカステントが宇宙を漂うアニメーションを映して世界観を引き立てた。

 「ただいま〜。みなさん元気でなによりです。今日は、関東での追加公演最終日であると同時に、いろいろな記念日が重なった日です。横浜アリーナでライブを行うのは、今年だけで10回目、ゆずとしては何と60回目です! 成人式でここに来たときは、まさかこんなことになるとは夢にも思っていませんでした(笑)。今日は『LAND』の曲だけでなく、『LAND』の世界観に合いそうだな〜という、あんな曲やこんな曲、懐かしい曲をたくさんやります。ではさっそくこの曲を、行ってみようっ!」

 そんな北川のMCに続けて歌われたのは、「贈る詩」。デビューシングルのカップリング曲で、アンコールの時にファンが歌うことでもお馴染み。これにはファンは大喜びで、場内一体となっての大合唱になった。北川がMCで言っていた懐かしい曲……この日はほかに、2000年のヒット曲「飛べない鳥」や、99年の2ndアルバム『ゆずえん』に収録の「傍観者」、97年の『ゆずマン』に収録の「遊園地」などが随所に散りばめられ、2002年『ユズモア』に収録された「GO★GO!!サウナ」ではタオルを回す振り付けで盛り上がった。

「夏色」の“倍返し”に大興奮

 アルバム『LAND』のシークレット・トラックとして収録されていた「DOT PIERROT」を中心にした中盤は、アルバムのアートワークそのままのストーリー性のある展開で楽しませてくれた。かわいくてちょっと怖さもあるアニメーションが流れると、ステージは一気に『LAND』の世界へ。悲しいピエロの物語「DOT PIERROT」に続き、2000年の『トビラ』に収録の「仮面ライター」では、仮面をかぶった北川が登場して、マントをひるがえしながら激しくシャウトしたほか、「LAND」では、ライオンやピエロなどさまざまなキャラクターも登場。ミュージックビデオに出てくる踊り子の女の子が繰り広げる演出もあったりするなど、気づけば『LAND』の不思議な世界にどっぷりハマってしまっていた。

 もちろんこの日も、ファンのお楽しみであるユーモア溢れる楽しいゆずも健在。森をさまよっていた2人が魔女(?)からもらった桃を食べると、なんとお尻が巨大化して……という爆笑映像から始まった「LOVE & PEACH」では、北川が桃のかぶりもので登場。「みんなもお尻を振って、幸せになりませんか?」との声に、観客は迷わずお尻をフリフリ。「プリップリップリプリプリ!」と、口ずさむ。そして、「夏を通り越してすっかり秋ですが、夏の曲を聴きたくありませんか?」という呼びかけとともに始まった「夏色」では、大歓声で応えた観客。バックには海の映像が流れ、金テープがはじけ飛び、最後には花火が打ち上がる映像まで。観客も、これを聴かなきゃ夏は終われないとばかりに、「いち・に・さん」のかけ声で一斉にジャンプ。恒例となっている観客の「もう一回」コールに北川は、「じゃあ倍返ししますか!」と、流行のネタもぶちこんで笑わせてくれた。

 アンコールでは、北川がピアノを弾きながら優しく歌う「ゼラニウム」や、NHK『みんなのうた』にも選ばれた「友 〜旅立ちの時〜」などを披露。「『友 〜旅立ちの時〜』は、震災直後にできた曲です。その頃は、ツアーをやっていいのか? とか悩みもあって。でもやっぱり歌を届けたいと思って曲を作り始めて、2年くらい温めていました。僕らの曲は、いつでもみんなのそばにあります。僕らとみんなをつなぐ曲です」と、北川。楽しい宴も必ず終わりのときが来る。最後は2人のまっすぐで真摯な歌声が、観客の背中を明日へと押してくれた。
(文:榑林史章)

怒涛の連続リリース! ゆずが“5大ニュース”を発表!

全国ツアー終了後もゆずの勢いは止まらない! マリンメッセ福岡での最終公演(9月29日)で怒涛の「ゆず5大ニュース」を発表! 2人の動向からますます目が離せない!

◆その1◆
圧巻のエンタメショーが早くも映像化! DVD&Blu-ray『LIVE FILMS GO LAND』が2013年12月に発売!

◆その2◆
NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』の主題歌「雨のち晴レルヤ」が、11月13日のCD発売に先駆けiTunes Storeおよびレコチョクにて9月30日午前12時より最速先行配信開始!

◆その3◆
『劇場版HUNETR×HUNTER ―The LAST MISSION―』の主題歌「表裏一体」を含む、40枚目のシングルが、2014年1月に発売! また、10月9日午前12時より「表裏一体」のTVサイズバージョンが、iTunes Storeおよびレコチョクにて先行配信開始!

◆その4◆
ゆず史上最短! 12枚目のアルバムが来春発売!

◆その5◆
2014年初夏、全国アリーナツアー開催!

関連リンク

【フォトギャラリー】『LAND』の世界観を味わって!
【前回ツアーレポート】感謝と決意☆15周年集大成ツアー最終日!
過去の特集&インタビュー
プロフィール/CD売上げ
公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!