• ホーム
  • 音楽
  • 斉藤和義『祝20周年!初のアリーナライブ最終日をレポート』

斉藤和義『祝20周年!初のアリーナライブ最終日をレポート』

デビュー20周年を迎えた斉藤和義が、自身初となる単独アリーナライブ『20th Anniversary Live 1993-2013“20<21”〜これからもヨロチクビ〜』を開催した。全3公演の最終日、9月1日のさいたまスーパーアリーナには、約1万7000人の観客が集まりステージを楽しんだ。

「お祭りを楽しみましょう!」名曲のオンパレードに大興奮

 「20周年、それが長いか短いかはわからないけど、キリのいい数字と言うことで、お祭りを楽しみましょう。最初に言っておくけど、非常に長いライブです。私のお客さんは若い人ばかりではないので(笑)、ずっと立ってて明日からの仕事に影響が出ちゃうとあれなんで休みながら楽しんでください」……その言葉通りライブは3時間半以上にわたり、アンコールを含め計30曲を披露。また、10月23日に2枚同時リリースされるアルバムタイトルが『斉藤』(16thアルバム)と『和義』(17thアルバム)に決定したという発表もあり、今後に向けて期待が高まるステージとなった。

 オープニングナンバーは「ずっと好きだった」。1曲目から観客の合唱と歓声が沸き起こり、それに応えて間奏では「イエーイ!さいたま〜!」と叫び声をあげた斉藤。続いてポップな雰囲気の「Hey!Mr.Angryman」では、間奏で手拍子が。コーラスの掛け合いでも観客を楽しませた。3曲目の「Are You Ready?」では、斉藤のギターを中心にヘビーなサウンドを聴かせた。薄暗くムード満点のライティングのなかで、観客は身体を揺らしながら演奏に耳を傾ける。“ジャーン”と曲が終わったかと思ったら、また“ジャーンジャーン”と何度も繰り返してなかなか終わらないという、往年のロックバンドを思わせる演奏に、通好みの観客もうなずく。4曲目にはニューシングル「Always」(9月18日発売)のカップリングとして収録される「カーラジオ」を披露。アニメのミュージックビデオをビジョンに映しながら、ソリッドでかっこいい演奏と歌を聴かせ、そして「ワンモアタイム」ではエレキからアコギに持ち替えて演奏。胸をグッと締め付けるメロディーで観客を引きつけた。

 「古い曲もたくさん練習してきたので。ちょっとさかのぼったり、また戻ったりして、聴いてもらおうと思います」とのことで、90年代のナンバーも数多く披露された。1993年のデビュー曲「僕の見たビートルズはTVの中」をはじめ、ビートルズを彷彿とさせるサウンドの「進め なまけもの」(97年)、星空の映像をバックに歌った「空に星が綺麗」(96年)、ハーモニカの演奏でも聴かせた「郷愁」(97年)、映画のようなモノクロの映像をバックに、ピンスポットを浴びながら歌った「老人の歌」(96年)、神秘的なムードの「無意識と意識の間で」(95年)など。しっとりとしたムードと映像を使った演出も非常にハマっていた。

「俺って意外と人気あるんだね」ユーモアたっぷりのMCでも魅せる

 また、名曲「歌うたいのバラッド」では、目を閉じて延々とギターソロを弾く姿に歓声が上がったほか、もちろんあのヒット曲も披露。「やさしくなりたい」のイントロが鳴るとワッと歓声があがり、観客は手拍子をしながら一緒に歌を口ずさんだ。ノリのいいロックンロールの「Hello!Everybody!」やソリッドなロックの「ロケット」では、斉藤とメンバーがステージ最前まで来て観客を煽りながら演奏。「フー!」と歓声を上げ、ジャンプする観客が実に楽しそう。ちなみにバックを務めたサポートメンバーは、キセルの辻村豪文(G)、エマーソン北村(Key)、玉田豊夢(Dr)、初恋の嵐の隅倉弘至(B)、The Birthdayの藤井謙二(G)という実力派。途中で「The Birthdayのときより怖そうじゃないね」と藤井をからかう場面もあり、仲の良いメンバーならではの息のあった演奏も、この日の見どころになった。

 MCは、「明日、ユイちゃんどうなるのかな? 気が気でないです。それにしてもアキちゃんはかわいいな〜」と、連続テレビ小説『あまちゃん』ネタはもちろん。客席を見渡しながら「俺って意外と人気あるんだね」とか、“せっちゃん”という愛称を自分の子どもが大きくなったときどう説明するか? など、ユーモアたっぷりのトークで笑いを誘っていた。

 アンコールは、アリーナ席の真ん中に設置されたセンターステージに移動し、「恥ずかしいのであまり見ないでください」と言いながら、「アゲハ」や「月光」など4曲を弾き語りで披露。1曲ごとにマイクスタンドの向きを変えて、全方位のお客さんの正面に向いて歌う心遣いも。そしてバンド演奏に戻り、最新シングル曲「Always」など披露し、ラストはおなじみの「歩いて帰ろう」。“ジャッジャッジャー”とイントロが鳴ると、観客は大興奮。そこへ天井からカラフルな風船が舞い落ちるという演出。みんな手にした風船を振りながら、疲れも見せず楽しそうに歌っていたのが印象的だった。そして斉藤もまた、子どもみたいに無邪気な表情で、今日一番の笑顔を見せていた。
(文:榑林史章)

WOWOWで斉藤和義20周年記念ライブを楽しもう!


 斉藤和義がメジャーデビュー20周年を記念したアリーナライブを開催! WOWOWでは、デビュー記念日にあたる8月25日の神戸ワールド記念ホール公演2日目の模様を独占放送。弾き語りからバンド形式まで自在なアプローチから繰り出される“匠”のサウンド、そして20年の足跡を詰め込んだ選曲。彼のことを最近知った人にはさまざまな驚きを、ずっとファンだった人には一緒に過ごしてきたとびきりのラインナップを――。彼が彩る音の世界を心ゆくまでご堪能あれ!

【番組情報】
『斉藤和義 20th Anniversary Live 1993-2013 "20<21" 〜これからもヨロチクビ〜』
10月13日(日)夜 9:00(WOWOWライブにて放送)
※収録日:2013年8月25日/場所:兵庫 神戸ワールド記念ホール


関連リンク

フォトギャラリー
プロフィール/CD売上
最新ニュース一覧
公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!