• ホーム
  • 音楽
  • 近藤晃央『“いまのベスト”が詰まった珠玉のアルバムが完成!』

近藤晃央『“いまのベスト”が詰まった珠玉のアルバムが完成!』

シングル「フルール」「テテ」「らへん」を含む1stフルアルバム『ゆえん』をリリースするシンガー・ソングライターの近藤晃央。どこか懐かしいメロディーと“人対人”から生まれる歌の世界をじっくりと堪能してほしい。

“ゆえん”は近藤晃央というアーティストのコンセプトに近い

  • 『ゆえん』(初回限定盤)

    『ゆえん』(初回限定盤)

――昨年9月にシングル「フルール」でデビュー。約9ヶ月が経ちましたが、現在の状況をどんなふうに捉えてますか?
近藤晃央イベントやライブのなかでいちばん意外だったのは、会場に来てくれるお客さんの年齢層がすごく広かったことなんです。お父さん、お母さんが高校生、大学生くらいのお子さんといっしょに来てくれることも多いんですよ。自分としては“幅広い層に伝えよう”とか“ターゲットを絞ろう”と意識してたわけではないんですけどね。自分がやりたいことをやって、そういう結果になったことはすごく良いことだなって。

――“いまの曲作りで大丈夫だ”という自信にもつながりますよね。
近藤そうかもしれないですね。もちろん、曲作りを変えようとも思ってないし……。自分の曲の共通点を探すとしたら、すべての曲が“人対人”から生まれていることだと思うんですよ。実際に自分が誰かと対していたり、“人対人”の関係を客観的に見ていたり、自問自答というか、“自分対自分”だったり、いろいろな角度があるんですけどね。

――それは1stアルバムのタイトル『ゆえん』にもつながってますね。所以(=理由)、由縁(=由来、事の起こり)という意味合いもある言葉ですが……。
近藤はい。「ゆえん」というタイトルはアルバムのタイトルというより、近藤晃央というアーティストのコンセプトに近いんですよ。ふだん、自分が感じているのは他人との関わりのなかで生まれることが多いんですね。ひとりで考えていても新しいことはなかなか入ってこないし、気付けることも少ないんじゃないかなって。そういう感覚のなかで曲を作ってるので、自然と”ゆえん“という感じの曲になるというか。


――なるほど。それは音楽活動を始めたときからの傾向なんですか?
近藤そうですね。アルバムの収録曲のなかでいちばん古い曲はシングルの「らへん」なんですど、この曲ができたことで、自分のやりたいことが明確になって。そのイメージが他の曲にもつながってるんですよね。

弾き語りをしていても「バンドやりたいな」と思っちゃうタイプ

――<僕にとってのここ『らへん』に君が居てくれるように>というフレーズは、まさに「ゆえん」というテーマに直結してますよね。「HONEY」のなかにある<今日も僕は君といる。それがたまらなく幸せなんだ。>という歌詞も印象的でした。
近藤ラブソングって、恋の始まりか、愛の終わりを表現することが多いと思うんですよ。でも、実際の人生のなかでは、何も起こってない状態のほうがずっと長い。だったら、“ずっといっしょにいる”ということにスポットを当ててみたらどうかなって。夫婦もそうですけど、“特に変わったことはなくても、ずっといっしょにいる”ということで成り立っている関係ってあると思うし……。シンプルな言葉でいうと“日常”ってことになるんですけど、それを歌にしてみたいなって。僕は結婚してないので(笑)、両親のことだったり、自分の未来予想図を重ねがら書きました。

――それも近藤さん独特の視点ですよね。音楽的なところでは、バンドサウンドが基本になっていて。
近藤アレンジに関しては、編曲をお願いしている方(亀田誠治、島田昌典、江口亮など)と方向性を話し合ったり、ライブでやっている曲に関しては、そのアレンジをベースに広げることが多いですね。ぜんぶお任せしてしまうことはほぼなくて、いろいろと試行錯誤しながらやってます。僕が聴いてきた音楽はポップスよりもバンドのほうが圧倒的に多いんですよ。弾き語りをしていても、「バンドやりたいな」と思っちゃうタイプなので、そういうところは自然と出てると思います。ソロのシンガーソングライターというより、“実際には存在していないバンドのボーカリスト”っていうイメージなんですよ、自分のなかでは。

――6月に行われる1stツアー、9月に開催されるワンマンツアーも楽しみです。
近藤アルバムがリリースされるのが6月なので、1stツアーはかなり衝動的な感じになるような気がしますね。9月のツアーはお客さんもアルバムを聴き込んでくれてると思うし、もっと深みが出るんじゃないかなって。

――聴き返すたびに深みが出てくるアルバムですからね。1曲1曲のクオリティも本当に高いし。
近藤ありがとうございます。自分のなかでは、かなり高いところにハードルを設定したんですよ。出し惜しみせず、“いまのベスト”というアルバムを作ることで、“次はどうしよう?”って自分で自分を困らせるというか(笑)。次はこのアルバムを超えられるようにがんばっていきたいですね。
(文:森朋之)

関連リンク

プロフィール/CD売上ランキング
【過去インタビュー】近藤晃央の世界観に迫る!
公式サイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!