• ホーム
  • 音楽
  • メイド服×バンド=ハードロック!? ガールズバンド新星・BAND-MAID、海外での“お給仕”も話題

メイド服×バンド=ハードロック!? ガールズバンド新星・BAND-MAID、海外での“お給仕”も話題

 “バンド×メイド”のコンセプトのもと、2013年に活動をスタートしたBAND-MAIDがミニアルバム『Brand New MAID』でメジャーシーンに進出する。メイド姿のビジュアルと本格的なハードロックサウンドによって海外でも大きな注目を集めている彼女たちは、本作をきっかけに日本のメジャーシーンでも知名度を上げることになりそうだ。今回、ORICON STYLEではそんなBAND-MAIDにインタビューを実施。バンドの成り立ち、海外での活動、新作『Brand New MAID』の制作などについて語ってもらった。

可愛い見た目と演奏とのギャップで魅せる“お給仕”

――BAND-MAIDのコンセプトは、MIKUさんの考案なんですよね?
MIKU‐小鳩ミク‐(Gt&Vo) そうです。もともとは音楽をやりたいと思って熊本から上京したんですが、秋葉原のメイド喫茶で働いているときに「かわいいメイド服で、かっこいい曲をやったらおもしろいんじゃないかな」って思って。「バンドでメイド、“BAND-MAID”だ!」って思い付いたのがきっかけですね。ただ、最初はここまでハードな音楽性になるとは思ってなかったんですよ。このメンバーが集まって「どんな音楽をやろうか?」って、いろんな曲を試して……。1stシングル(「愛と情熱のマタドール」)に「Thrill(スリル)」という曲が入ってるんですけど、その曲をみんなでやったときに「これだ!」っていうシックリ感があったんですよね。その曲をきっかけにして、いまのBAND-MAIDの色、方向性が決まったような気がします。
SAIKI ‐彩姫‐(Vo) 「これくらいギャップがあったほうがいいよね」って。

――メイド姿の可愛いビジュアルと本格的なハードロックサウンドのギャップですよね。
MIKU そうですね。見た目がこうだと「演奏も可愛い感じなのかな」って思われることがどうしても多いんです。でも、それは私たちとしてはプラスだと思っていて。
SAIKI “見てろよ”感ですね(笑)。
MIKU 音を鳴らした瞬間に、会場にいる方が「あっ!」という顔をすると「よし!やった!」って思いますからね。「ちょっとナメてたでしょ?」って。
SAIKI 小鳩って、アウェイだと生き生きしてるんですよ(笑)。

――ライブのスタイルも個性的ですよね。ライブを“お給仕”、オーディエンスを“ご主人様、お嬢様”と呼ぶっていう。
MIKU ライブに来てもらうことを「ご帰宅」って言っていて、MCでも「おかえりなさいませ」って言ってるんですよ。コール&レスポンスも“萌え萌え”だから、アウェイの会場だと「えっ?」ってなることもあって。いきなり“萌え萌え”とは言ってくれないですからね、なかなか。
SAIKI 最初の頃はすごく引かれることもあって(笑)、萌え萌えなMCをやめてた時期もあったんです。でも、やっぱり物足りなくて。MCが萌え萌えのほうが、演奏とのギャップが生まれますからね。

――いろんな試行錯誤があったんですね。
SAIKI 音楽性もお給仕のやり方も、この3年間でずっと練ってきましたからね。“メイドがバンドをやる”っていうのはありそうでなかったスタイルだと思うし、入り口は広いと思うんですよ。見た目で興味を持ってくれる方もいれば、音楽から入ってきてくれる方もいますから。

海外の「ご主人様」「お嬢様」の熱気は本当にすごい

――最近では海外でも急激に知名度が上がっていますね。
MIKU BAND-MAIDを始めたときから世界を見据えていたので、3月末のシアトルでのお給仕(3月27日にアメリカ・シアトルで開催されたイベント「Sakura-Con」出演)でようやく第一歩が踏み出せたかなって。
AKANE ‐廣瀬茜‐(Dr) 海外のライブはすごく楽しいですね。「何だろう、この盛り上がりは?」という感じもあるんですよ。
MISA(Ba) うん、気持ちいい。
KANAMI‐遠乃歌波‐(Gt) あれを経験できたのは嬉しかったですね。
MIKU 海外のご主人様、お嬢様の熱気は本当にすごくて。“萌え萌え”のコール&レスポンスも、すごく大きい声で返してくれるんです。日本のカルチャーを紹介するイベントだったこともあると思うんですけど、本当に嬉しかったですね。“萌え”は世界共通語だなって思いました。
SAIKI 行く前は「大丈夫かな?」って思ってたんですよ。アメリカで人気があるなんて、ウソなんじゃないかって。
MIKU 「100人くらいかな? 300人来てくれたら大成功だね」って言ってたんですけど、その10倍の方が来てくれて。日本でもそうなるようにがんばりたいですね。今回のメジャーデビューのアルバムで、世界征服の夢に向かってさらに前進できると思います。

――5月18日にはメジャー第1弾となるミニアルバム『Brand New MAID』が発売されますね。これまで以上にハードなロックサウンドが体現されていますが、どんなテーマで制作されたんですか?
SAIKI 3年間の集大成でもあり、新たなスタートにもなる1枚にしたいっていうのが大まかなテーマだったので、これまでリリースしてきた3枚(1stミニアルバム『MAID IN JAPAN』、1stシングル「愛と情熱のマタドール」、2ndミニアルバム『New Beginning』)のそれぞれの良いところを詰め込みたいと思っていました。ずっと応援してくれているご主人様、お嬢様も楽しめるし、初めて聴く方も楽しめるような……。欲張りですね(笑)。
AKANE そうだね(笑)。
――これまでの軌跡を反映させつつ、新たなトライもあるっていう。
SAIKI そうですね。たとえば「ORDER」は「Thrill(スリル)」の後継曲として制作したんですが、楽器隊もボーカルもさらにレベルアップしているんですよ。
MIKU 曲の構成は「Thrill(スリル)」とほぼ同じなんですけど、フレーズがすごいことになっています。
AKANE そうなんです! 「Thrill(スリル)」でツインペダルを取り入れたんですけど、「ORDER」は「足を犠牲にしてもいい!」みたいなフレーズになってます。最初の8小節からいきなりツインペダルを踏んでるんですが、練習してるときから足がツッてました(笑)。「(今の自分を)超えたい」という思いが強かったんですよね。この曲に挑戦することで自分のレベルアップにもつながるし。
SAIKI ベースソロもすごいよね。
MISA かなり練習しましたね。音作りにもこだわったし、どれだけフレーズを考えられるかということにも挑戦しました。
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!