• ホーム
  • 音楽
  • “試練”を超えたSexy Zone コンサートで見せた完全体

“試練”を超えたSexy Zone コンサートで見せた完全体

 24日(日)、国立代々木競技場第一体育館で『Sexy Zone Welcome to Sexy Zone Tour』東京公演を行ったSexy Zone。そのステージからは、より大きく成長した姿が見て取れた。様々な試練を乗り越えて、彼らは今、5人という“完全体”になった。デビュー5周年を迎えたメンバーの平均年齢は19歳。彼らが見せてくれる、ジャニーズ流“Sexy Zone”とは?

3人から5人へ “ドラマ性”を持つSexy Zoneの強み

 魅力的なアイドルグループには、その背後に、必ずといっていいほどドラマティックなストーリーがあるものだ。目の前の“試練”を全力で乗り越えていく姿に、ファンは胸をときめかす。

 現存するアイドルグループの中でも、こと“ドラマ性”という点においてSexy Zoneは突出している。佐藤勝利中島健人菊池風磨の3人で新曲を発表し、松島 聡マリウス葉は、別ユニットで活動したこともある。歌番組に5人で出演しても、松島とマリウスの年下組は3人とは違う衣装、なんてこともあった。でも、そんな試練の数々も、5人が成長するために必要な過程だったのだ。4月24日、代々木第一体育館で開催されたライブを観て、そう確信した。
→代々木公演で感激、5人のステージは「すごく幸せ」

 おそらく今回のツアーが、彼らにとって初めて“完全体”と呼べるものだったのではないか。ソロやユニット曲、ジャニーズJr.の曲を除く27曲を、振付も完璧にすべて“5人で”歌った。5人が5人とも美声で、しかもちゃんと個性もあって、ダンスも自分なりの見せ方を心得ていることにまず驚かされる。松島とマリウスは煽りを担当することも多く、投げキッス一つにも自分らしさを出そうとしていた。不動のセンター・佐藤の19歳とは思えない威風堂々とした佇まい。その傍らには、色気の塊・中島とさわやかな不良性でステージに旋風を起こす菊池がいて、瑞々しさに溢れる成長株の松島とマリウスが、若いエネルギーを爆発させる。メンバー同士、根っこのところではガッツリと信頼し合っているのに、パフォーマンスになると「負けねーぞ!」な緊張感がほとばしり、一曲一曲が真剣勝負の場になっていて、ワクワクする。

 メンバー全員が「俺を見ろ!」と言わんばかりに前に出て行けるグループは強い。幾多の試練を乗り越え、5人は、たしかなスキルと、強いハートと、メンバーへの確固たる信頼を手に入れたはずだ。

奇抜なグループ名のままに 女子を射止める力を発揮

 Sexy Zoneという斬新で奇抜なグループ名のもとに集められた彼らは、その名前に込められた二つの意味を、自分たちの心とカラダを使って体現しているように見える。ひとつは、“挑発する”“性的魅力がある”を意味する“Sexy”。セクシーさの定義は人それぞれかもしれないが、少なくとも彼らは、男として、女の子をキュンキュンさせることに徹している。Sexy Zoneの曲には「カラフルEyes」「君にHITOMEBORE」などラブソングが多く、曲のジャンルはメタル調のロックにエレクトロ、ポップス、ソウル、歌謡曲まであらゆる時代のメジャー感(青春っぽさ)を網羅している。ライブの衣装も、ロマンティック、ワイルド、キュート、ジェントル……とそれぞれニュアンスは違えど、理想を絵に描いたような美しさだ。そうして5人の瞳からは、「俺を好きになれ!」と言わんばかりのラブビームが放たれる……。初めて学校の先輩に憧れた時のときめき。片思いの相手と目が合ったときの興奮。そんな、ピュアでセクシーな感情が、彼らのライブではふと呼び覚まされる。“Sexy Zone”とは、彼らのいるライブ空間そのものを指すのだ、と思えるほどに。
→中島健人「“俺の奴隷”とは言えない!」

 もうひとつ、“Sexy Zone”というグループ名の中には、“限界”という意味でも使われる“xyz”の3文字が入っている。アナグラムというほどではないが、アルファベットを分解すれば、その先に、“one”と続き、限界を超えることができるたった一つのグループ、という意味が込められているのではないかと深読みすることもできる。実際、今回のライブも、一つの完全体として今できる最高のパフォーマンスを見せながら、じゃあ半年後、1年後はどこまで成長しているか、想像もつかない。それほどまでに、5人のSexy Zoneは輝いていた。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!