• ホーム
  • 音楽
  • ドラマ主題歌抜擢の新人・花岡なつみ 鬼束ちひろとのエピソードについても語る!

ドラマ主題歌抜擢の新人・花岡なつみ 鬼束ちひろとのエピソードについても語る!

 鬼束ちひろ作詞・曲による「夏の罪」でデビューした花岡なつみの、新人離れした歌唱力が注目を集めている。鬼束らしい情念あふれるロックバラードを、独特のふくよかな低音ボイスで歌いこなす花岡はまだ19歳という若さ。その落ち着いた歌声やビジュアルイメージとは裏腹に、素顔はフレッシュそのものだ。広島で歌手を夢見ていた一人の女の子が、期待の新星歌姫と呼ばれるまでのストーリーを聞いた。

鬼束さんの話を聞いた時は「まさか!?」って

──デビュー曲「夏の罪」は、鬼束ちひろさんが初めて他のアーティストに提供した楽曲だそうですね。
花岡なつみ はい。デビューのきっかけになった「全日本国民的美少女コンテスト」でも鬼束さんの「月光」を歌ったんですが、本当に尊敬している方なので「まさか!?」ってビックリしました。

──すでにドラマ『エイジハラスメント』主題歌としてもオンエア中ですが、まさに鬼束さんらしい情念的な曲で、この世界を歌いこなせる新人というだけでも驚きです。
花岡 本当に鬼束さんじゃないと書けない世界観だと思います。私は今19歳なんですけど、歌詞にあるように誰かに裏切られた経験がないので、必死に想像力を膨らませました。最初は絶望や、別れた人への未練を描いた歌だと思っていたんですが、よく読んでいくと、裏切られても人は誰かを好きになってしまうし、つらい経験を自分のものにして一歩進んでいくという強い意志を感じたんです。そこにすごく共感できたので、あとは聴いていただく方に届くように、感情を込めて力強く歌おうと、レコーディングまでにいっぱい練習しました。

──鬼束さんからは「こんなふうに歌ってほしい」というアドバイスはありましたか。
花岡 「すがりつくように歌ってほしい」と言われて、最初はピンと来なかったんです。そうしたら鬼束さんが直々に目の前で歌ってくださって、もう鳥肌が立ちました! 声もパワフルだし、手の振りも歌に合わせて自然についてくる感じで。でも普通にお話ししてるときは、とっても気さくで親しみやすい方でした。初対面の私を「なっちゃん」って呼んでくれたりして、すごく嬉しかったです。

普段は意外とのんびり カッコいい系とは真逆かもしれない

──花岡さんも歌声はすごく大人っぽいし、ビジュアルもクールで強い女という感じだけど、普通にしゃべってるときはホンワカした雰囲気でギャップがありますよね。
花岡 お仕事を始めてから、会う人会う人に「イメージが違うね」って言われます。普段はいつもニコニコしてるほうで、のんびりしてるので友だちからよくツッコまれるんです(笑)。カッコいい系とは真逆です。

──MVで動いている姿も見ましたけど、すごくカッコよかったですよ。
花岡 けっこう演技指導が厳しかったんですよ。椅子の座り方とかも、普段は足を揃えて座るんですけど、「こうやって足を投げ出したほうがカッコいいよ」とアドバイスをいただいて。いろいろと挑戦してみました。曲の世界観に入り込むというのは、歌だけでなく、体全体でそういう雰囲気を表現するのが大事なんだなと勉強になりましたね。

──ところで花岡さんは「全日本国民的美少女コンテスト」出身なんですよね。
花岡 はい。歌は14歳からレッスンしてたんですが、引っ込み思案でなかなか前に出られないタイプだったんです。でも歌手になりたいという夢がどんどん大きくなっていって、だったらオーディションを受けなければ何も始まらないな、と決心した頃に、スクールの先生が「募集してるよ」と勧めてくださったんです。受けたときは高3だったので絶対に落ちると思ってたんです。やっぱり中学生とかじゃないと「美少女コンテスト」は受からないだろうなというイメージがあったので。でも、まだ一度もオーディションを受けたことがなかったので、ダメでもいいからどんどん受けていこうと思いました。

──花岡さんの歌唱力はコンテストのときから群を抜いていて、歌い出したとたん会場の空気が変わったのを覚えてます。
花岡 たぶん歌った曲のタイプがほかのファイナリストの子と違ったというのもあったと思います。アップテンポの可愛い系を歌う子が多かったので、自分でも「場違いだったかな」って思っちゃいました。

ダンスナンバーなどいろいろなタイプの曲を歌いたい

──たしかにこれまでの出身者からしても「美少女コンテスト」と言うと、女優やモデルの登竜門というイメージが強いですが、花岡さんは歌手一筋で受けたんですか?
花岡 はい。自己PRでもずっと「歌手志望です」って言ってました。でも、女優さんの中で一番好きな武井咲さんと同じ事務所に入りたいという気持ちもありました。本当に昔から大好きで、しかも武井さんの主演ドラマで主題歌が歌えるなんて、いろんな夢がいっぺんに叶ってしまって信じられないくらいです。あと事務所の先輩では、剛力彩芽さんも憧れています。歌もダンスも、女優もモデルも全部できるなんて本当に尊敬します。

──では歌手、アーティストではどんな方を目標にしていますか?
花岡 地元で通ってたスクールの先輩にたくさん活躍されている方が多いので、続けるように頑張りたいです。あと最近は大原櫻子さんを毎日のように聴いています。バラードも可愛らしい歌も歌いこなせて、ギターも弾けてすごいですよね。

──大原櫻子さんとは同年代ですよね。やっぱり同世代アーティストは気になりますか?
花岡 というより、純粋に大好きです。カラオケでもよく歌いますし。あとカラオケで歌うのは、MISIAさんだったりSuperflyさんだったり。周りからは声が低いからやっぱりバラード系が似合うって言われるんですけど、自分としてはいろんなタイプの音楽が好きなので、アップテンポやダンスナンバーも歌いこなせるように、これからも歌のトレーニングを頑張って表現力を高めていきたいです。

(文/児玉澄子 写真/booro(BIEI))

花岡なつみ インタビュー

夏の罪(Music Video Short Ver.)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!