• ホーム
  • 音楽
  • Dream5、前作の大ヒットで「プレッシャー感じる」

Dream5、前作の大ヒットで「プレッシャー感じる」

 昨年、日本中を席巻したアニメ『妖怪ウォッチ』のテーマ曲「ようかい体操第一」に続き、「ようかい体操第二」が発売された。今作もラッキィ池田振り付けのストレッチ風ダンスも楽しくて、「ようかい体操第一」同様、誰もが踊りたくなる仕上がりになっている。そこで、この曲についてや昨年出演した『紅白』、今後の展望などをメンバーの重本ことりと高野洸に聞いてみた。

プレッシャーを感じた大ヒットを受けての「ようかい体操第二」

――前作「ようかい体操第一」が大ヒット。それを受けての「ようかい体操第二」になるわけだけど、プレッシャーはあった?
重本 ありました。やっぱり「ようかい体操第一」が社会現象って言われるくらいドカーン!ときた曲だったので。でも、私たちとしては「ようかい体操第一」と同じくらい、みんなに知られる曲になって欲しいなって思ってます。
高野 僕も最初に「ようかい体操第二」を歌うって聞いたときは、楽しみも大きかったんですが、少し不安もありました。でも、「ようかい体操第二」も歌もダンスも楽しいので、またみなさんに歌ったり踊ったりしてもらえると嬉しいです。
重本 「ようかい体操第一」と同じく「ようかい体操第二」も歌詞にすごくインパクトがあるので、みなさんすぐに覚えられるみたいなんですね。特に<なんかちょうだい>っていうフレーズは、今やっているイベントやワンマンライブでも、お客さんが一緒に言ってくれています。
高野 曲自体も「ようかい体操第一」よりゆったりしてるので、さらに肩の力を抜いて聴けると思います。しかも、今回はダンスも体操っていうよりはストレッチなので、朝起きて体を思い切り伸ばすのにピッタリだと思いますね」
重本「でも、この曲をアラームにするのは、ちょっと微妙。「ようかい体操第一」だったら、シャキッと目が覚めると思うんですけど、「ようかい体操第二」は気持ちよくて、また寝ちゃいそうなので(笑)。だから、ちゃんと目を覚ましてから、ストレッチ用に使ってください(笑)。

――その振り付けは、「ようかい体操第一」に続いてラッキィ池田さん。踊るにあたって、何かラッキィさんからアドバイスはあった?
重本 いっぱいありました。今回はラッキィさんが直々に教えてくださいましたから。
高野 まず、最初の“フラフラメンタイ”のところなんですけど、そこは少し腰を落として踊るんですね。でも、次の“フラフラメンコ”でフラメンコポーズを取るときは一気に背筋を伸ばす。そこは絶対にピシッとキメ顔で! って言われました。
重本 髪の毛がパサッとなるくらい勢いよくやるのがポイントらしいです。あとは2番、3番、4番でそれぞれ振りが違う部分があるんですよ。そこは歌詞に合わせた振り付けになっているので、歌を覚えて踊ってもらうとカラオケとかで盛り上がると思います。

Dream5のテレビ番組を深夜でやってみたい

――ところで、去年は「ようかい体操第一」の大ヒットで『紅白』にも出場したよね。今年も、この「ようかい体操第二」で出場を狙ってる?
重本 出られたらいいなぁとは思っているので頑張ります! 去年は『紅白』に限らず、年末といえば! みたいな番組に、たくさん出演させていただいたんですよ。だから、そのときは特別『紅白』を意識していたわけじゃないんですけど、今考えると、改めてすごいことだったんだなって思いますね。やっぱり国民的な番組なので、親とかおじいちゃん、おばあちゃんが、すごく喜んでくれました。
高野 僕も周りの人が、おめでとう! とかいろいろ言ってくれたんですけど、僕自身が混乱しちゃってて、あまり実感が沸かなかったというか。これは現実なのかな? って不思議な気分になってましたね。

――やっぱり本番は緊張した?
高野 リハーサルのときから緊張しました。
重本 本番のとき、私たちの後ろで出演者のみなさんが踊ってくださったんですね。それでラッキィさんが“みなさん、振りがわかんないかもしれないからレクチャーして”ってリハーサルで言ってきて。だから、私たちが“こんな感じです。よろしくお願いします”って、みなさんに伝えたんですけど、それも今思えば生意気だったなって……(苦笑)。他にやり方がなかったので仕方ないとは思うんですけど、よくやったなって思います(笑)。

――『紅白』に出たことで、何か変化はあった?
高野 一部の友だちから“妖怪”っていうアダ名で呼ばれるようになりましたね(笑)。
重本 あと、それまで「ようかい体操第一」を踊ってくれるのは『妖怪ウォッチ』を見ている小さい子が多かったんですけど、紅白のあとは高校生くらいの人もドリ5バージョンを踊ってくれるようになったんですよ。そういう動画が、たくさんSNSとかにアップされていたのを見て、すごい広まってる! って嬉しかったです。

――踊りやすい感じがするから、マネしてみたくなっちゃうのかもね。
重本 そうだと思います。実は私たちもカラオケに行って「ようかい体操第一」を歌ったりしましたから(笑)。自分たちの他の曲は歌わないんですけど、「ようかい体操第一」は絶対に履歴に残ってるので、嬉しくて歌ったんですよ(笑)。でも、途中で恥ずかしくなって、1番でやめちゃいましたけど(笑)。
高野 なんか、自分の曲って恥ずかしいよね。僕も他のメンバーから“ウォッチ!今何時?”のところを歌ってって言われたんですけど、急に言われたので声が裏返っちゃって全然出てこなかったですから(笑)。
重本 「ようかい体操第二」もカラオケで、みなさんにはたくさん歌ってほしいですね。

――さて、今年も残すところ、約半年。今年中にやりたいと思っていることはある?
高野 今ワンマンツアーをやっているんですけど(6月20日・Zepp Diver Cityまで)、来てくださったみなさんに楽しんで帰ってもらえるように、セットリストとかも盛り上がる曲を中心にして自分たちで考えたんですね。そしたら、各地ですごく楽しくできたので、今年中にまたツアーをやりたいです。
重本 今回のツアーのために「カラフルチューン」っていう曲を作ったんですよ。完全にライブのための曲で今までにはなかったタイプ。ノリノリで、お客さんもタオル振ってジャンプしてっていう感じなんです。それが、お客さんにもすごく好評なんですけど、私たちもやってて楽しかった。だから、そういう曲ももっと増やしていきたいですね。

――個人的にやりたいことはないの?
重本 最近は美思と桃奈のラジオが始まったり、洸のインスタグラムが人気になったりっていう具合に、それぞれの活動もいろいろやってるんですね。だから、私も含め、個人個人のお仕事も増えていってほしいです。でも、本当に一番やりたいことはDream5のテレビ番組。深夜でいいのでやってみたいですね。
高野 確かに。それが実現したら、かなり嬉しいですね。あとは、ドラマにもめっちゃ出たい。演技にもすごく興味あります。

(文:高橋栄理子)
Dream5 オフィシャルサイト(外部サイト)
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!