• ホーム
  • 趣味
  • 海外留学で学べることってどんな事?事前準備は必要? 

海外留学で学べることってどんな事?事前準備は必要? 

「せっかく語学を学ぶならその言葉を話す国に行ってみたい!」「異国文化に触れて新しい世界を見てみたい!」外国語が好きで学んだことのある人なら、誰もがそう思うだろう。また、「自分の学びたい分野の発祥の地、もしくは先進国に行って、確かな学問を学びたい!」と思うかもしれない。それを確実に可能にするのが留学だ。

今回は、留学へのバックアップと即戦力に定評のある関西外国語大学で、留学プログラムについて実際に留学に行った先輩たちの生の声を聞いてみた! 

51ヶ国・地域344大学への留学が可能な留学制度とは?

世界51か国・地域344大学への留学が可能な関西外国語大学。短期留学から学位取得を目指す本格的な長期留学まで、関西外大には多種多様な留学プログラムが用意されている。

 また、留学費用においても交換留学であれば留学先大学での学費・住居費・食費は全額免除(真面目に成績を残すこと前提)なのだ。

 なお、同校の留学プログラムの大きな目的が、「現地学生と同じ授業を受ける」ことである点は、他大学で行われている海外研修的な留学プログラムとは大きく異なる。そのため、留学前にはその地域に留学した先輩の生の声を聴く機会や、外国人に交じっての授業などで、留学をよりリアルにシミュレーションできる。実際に留学した先輩たちによると、「留学に向けて準備し仮に留学できなくても、本人のやる気次第で日本にいながらいくらでも語学力は高まる」とのこと。あらかじめ日本のプログラムでしっかり力を付けてから旅立つから、より留学を有意義なものにできるのだろう。

 さらには、毎週のように開催されるランゲージカフェ、エクスペリエンスジャパンプログラム、ホームビジットプログラムなどの国際交流イベントも目白押し。留学という大きな夢に向けて楽しく学べる環境が整っているようだ。

先輩教えて! 〜留学先でのお勉強編〜

 留学先の大学の勉強は大変? 留学先ではどんなふうに勉強したの?留学体験をした先輩に留学の準備や、現地での勉強方法について聞いてみました。
友宗理さん 私はアメリカのケンタッキー大学へ留学しました。現地には国籍も年齢も本当にさまざまな人がいましたが、みんな意識が高い。遊びもしますが、勉強では手を抜かない。留学先には州立大学でアメリカ1大きい図書館があって24時間開いていました。テスト期間中は図書館にこもってみんな徹夜で勉強していましたね。
河原栞さん 私は留学前からスペイン語を話す機会に積極的に参加したりして、日本でできることは日本で入念に準備をして、それからエクアドル キトサンフランシスコ大学で、スペイン語の文法やオラールの授業を履修しました。アメリカやヨーロッパのさまざまな国の人たちと一緒に学んだんですが、ディスカッションでは、各国の文化や考えを聞いたり意見を交換するなどして、とても知識が深まりました。後期はさらに1科目増やして、現地のエクアドル人学生と一緒にラテンアメリカの歴史を。現地人のペースに合わせて行われる授業なので、話すスピードが早く、教科書の読む量は膨大で大変でしたが、現地の人々と積極的に話しをしたり、分からないところは授業後、先生に質問したり、自分で調べて知識を増やすなどして単位を修得することができました。
林織奈さん 私はフィンランドのハーガヘリア応用科学大学へ留学しました。教育水準の高いフィンランドでは、勉強はやって当たり前。出席だけする、ことには価値はなくて、テーマに沿って主体的に考え勉強していくというスタイルです。先生と生徒は対等な関係で、先生が間違っていると思えばそう発言してもいい。だから先生たちも必死です(笑)。とっても新鮮でしたね。
世界には、様々な環境で学ぶ同世代の大学生たちがいる。彼らの価値観や文化を肌で感じる事は、自分が持つ「大学」のイメージを大きく変えることになるようだ。単純に語学だけを学ぶのでなく、日本にいるだけでは知らなかった「貴重な体験」が自分自身を成長させるのだろう。

世界の仰天ニュース エクアドル編

 エクアドルでは、大きなお祭り「キト祭り」があります。キト祭りとは、12月6日は、1534年にセバスティアン・ベナルカサルによりエクアドルの首都キトが創設された「スペイン人による創設」を祝う日。この祭りは、国民の祭りであり、国民の間で最も重要視されています。祭りの間多くの地元又は他国の歌手が参加し人々はお酒を飲み、踊りをし「キト万歳!」と叫んで祝福する大きなイベントです。昨年2014年のキト祭りでは、290イベント、1430以上の地元の俳優や歌手、29以上の他国の俳優や歌手が参加し盛大に行われました。

 私は、スペイン人によりキトが創設された日を祝うことがとても不思議でした。私の友達のエクアドル人は、「僕たちの多くの人種は“メスティソ”(スペイン人と先住民の混血)であり、自分たちにはスペイン人の血が流れているんだ。そして僕たちはキトで生まれ育ったんだからその日をお祝いするんだよ。」と理由を話してくれました。私は、エクアドル人は自分たちの生まれた場所に誇りを持ちお祝いをしているのだと思いました。ぜひ、機会があれば陽気で明るい国エクアドルに皆さん訪れて下さい。(関西外国語大学 外国語学部 スペイン語学科 河原さん)

関西外語大学

世界51カ国・地域、344の海外大学のネットワークを持ち、年間の留学派遣学生数は1551人にものぼる。また、世界約40ヶ国・地域から706人の外国人留学生、約200人のネイティブ教員が在籍し常に外国語教育をリードしている。

〒573-1195 大阪府枚方市中宮東之町16-1

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!