• ホーム
  • 音楽
  • 星野源、シークレットゲストも登場した横浜アリーナ公演をレポート!

星野源、シークレットゲストも登場した横浜アリーナ公演をレポート!

 12月16日(火)と17日(水)の2日間、横浜アリーナで星野源のライブ『星野 源 横浜アリーナ2Days「ツービート」』が開催された。星野にとっては初の横浜アリーナ公演で、しかも2日間。1日目はアコースティックの弾き語りで2日目はバンドという、各日違ったスタイルで星野の多彩な魅力を表現した贅沢な構成で、2014年の締めくくりに相応しいステージになった。

バラード系の曲が心に響く弾き語りライブ

 「ツービート/弾き語りDay」と題された1日目。ミニスカサンタギャルにアテンドされ、ステージに登場した星野は、横浜アリーナの広いステージの真ん中に、ただ一人ポツンと立ち、おもむろにギターを構える。そして1曲目「歌を歌うときは」が、静かに始まった。シーンと静まりかえった会場に、乾いたアコースティックギターの音と星野の歌声が響く。ジッと聴き入る観客。歌い終わると静かに拍手が沸き起こった。

 歓声をあげるのもはばかられるような、しっとりとしたムード。観客は盛り上がりたいけど、どうやって盛り上がったら良いか分からないといった、もどかしい様子だ。その状況を、どこか楽しんでいる風の星野。ところどころで観客に話しかけながら、自分のペースでライブを進行していく。「くせのうた」「フィルム」といったバラード系の名曲が、弾き語りによっていっそう胸に響いて聴こえてきた。

「家で曲を作っているときは、狭い部屋でボソボソやって作るんですけど、何となくそういう原点に返ってみたいと思ったんです。かつて、(奥田)民生さんが、広島市民球場で弾き語りライブをやっていて、それにならってと言うか、それをマネして(笑)こういう弾き語りライブをやろうと。今日は、みんなで一人になりましょう!」

ユーモアたっぷりで進行 観客も自然と笑顔に

 とは言え、ずっとそのままというわけではなく、7曲を弾き語りで披露したところで「ちょっと寂しくなって来たので、友だちを呼びましょう」と、ギタリストの長岡亮介を呼び込む。「この空間、すごいね。一人でずるいよ!」と、長岡。それを受け、「いやいや、一緒に気持ちよくなろう!」と星野。まるで漫才コンビのような二人のやりとりに観客の気持ちもほぐれ、場内には笑いも溢れて「源ちゃ〜ん」など歓声も飛び交う。この勢いで、二人で「穴を掘る」や「地獄でなぜ悪い」などを披露。向かい合って、ギターをジャカジャーンと弾いたり、「地獄で〜」のイントロの冒頭をアコギで、ユーモアたっぷりに演奏する様子に、観客も手拍子しながらリズムに乗って楽しんだ。

 中盤には、センター席の中央に設けられたミニステージに移動して、弾き語りを披露。その際には、X-JAPANの「Forever Love」をBGMに、セグウェイで場内を移動し、「(ネタ元が)分かるかな〜」と星野。ミニステージでは「スカート」など。そして「カバーをやるのはあまり好きではないけど、自分の人生を変えた曲や、自分がやる意味があると思う曲ならやりたい」と、細野晴臣の「冬越え」やNUMBER GIRLの「透明少女」などのカバーを披露。客席からもたくさんの声援があがり、ちょっとしたインストアイベントのような、和やかなステージを披露した。

ゲストで奥田民生が登場! 新曲も披露

 そして後半戦、作務衣を着て頭にタオルを巻いた姿で、星野が登場した。これは冒頭のMCでも話題に出た、奥田民生が広島市民球場で弾き語りをやったときと同じ姿だ。そして奥田民生のカバーで、「さすらい」を歌い始めると、横から「待てコラ〜!」と声が。すると同じ格好をした奥田民生が登場し、会場はワッと一気に色めきだった。「こんな計算され尽くした登場の仕方じゃあ、断る理由がなかったんでね(笑)」と民生。まったく同じ格好をしたW民生で、「さすらい」や、PUFFYの「MOTHER」のカバーなどを披露。そして「せっかく2人でやれるので、作って来ました」と、新曲「愛のせい」も披露した。民生との共演に「俺、アガっちゃいました。「MOTHER」なんかは、高校生のときに自分を救ってくれた曲だから、こうして民生さんと2人で歌えて本当に良かった」と感動しきりの星野。

 ステージの合間には「一流ミュージシャンからのお祝いのコメント」として、清水ミチコやレイザーラモンRGが、得意のモノマネでコメントを寄せた映像を流して場内を爆笑させた。アンコールでは星野のライブではお馴染みになった、寺坂直毅が曲フリを担当し、この1曲のためだけに結成されたバンド(ベースはハマオカモト、ドラムはピエール中野、ピアノは小林創)で「Crazy Crazy」を披露。観客は全員立ち上がって手拍子をし、星野もステージを駆け回り、最後にひっくり返って歌うなどして、大盛り上がりになった。

 そして、最後の最後に歌ったのはアルバム『Stranger』のシークレットトラックとして、弾き語りで収録されている「Stranger」。それをしっとりと歌い上げ、最後に「あ〜、幸せ」とポツリとひとこと。このとき、1万1000人の観客と星野1人の1万1001人が、“1人”になった。

>>2日目「バンドDay」のレポートはコチラ!

(文/榑林史章)
★PROFILE★
星野源(ほしの げん)
1981年、埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。2000年にインストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」を結成し、人気を集める。2003年、舞台『ニンゲン御破産』(作・演出:松尾スズキ)への参加をきっかけに、大人計画に所属。ソロアーティストとしては、2010年6月16日に1stアルバム『ばかのうた』を発表。2011年9月28日発売のアルバム『エピソード』で初TOP10入り(最高5位)。以降、リリースした作品はすべてTOP10入りを果たしており、2013年5月1日発売の『Stranger』は最高2位を記録した。
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!