• ホーム
  • 音楽
  • 美しすぎるバイオリニストで話題の岡部磨知の素顔とは

美しすぎるバイオリニストで話題の岡部磨知の素顔とは

 ネットを中心に「美人すぎるバイオリニスト」として話題を集め、テレビ出演も増加している注目のバイオリニスト岡部磨知が、アルバム『Neo Nostalgia』でデビュー。あまり知られていないこれまでの活動や、今後の展望など話を聞いた。

<動画インタビュー>一緒に仕事をしたい人は、あの大物アーティスト

ネットで話題になっているなんてまったく知らず……本当に驚きました

――ネットで「美人すぎるバイオリニスト」と話題ですが、そう言われることについては、どういう風に受け止めていますか?
岡部磨知 美人かどうかは別にして、ラッキーだったと思います。何をやるにしても、まずは注目してもらわないと始まらないので。『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)のときも、ネットで話題になっているなんてまったく知らずに演奏していて。だってただのバックミュージシャンでしたからね。後でそういうことになっていると聞いて、本当に驚きました。そういう意味では、何がきっかけになるか分からないものだなって。

――最近では、『笑ってコラえて!』(日本テレビ系)などバラエティ番組でお見かけすることも増えましたが。
岡部 私自身いろんなことに興味があるので、私という存在に興味を示して呼んでもらえたわけですから、そこはありがたく受けとめて、どんどん出て行きたいと思っています。テレビで私の存在を知って、何か面白そうだからちょっとCDを聴いてみようとか、ライブに行ってみようとか思ってもらえたらうれしいので。

――街で声をかけられるようには?
岡部 いえ、まだまったくかけられないです。むしろもっと声がかかるくらいに頑張らないと(笑)。

――もともとはクラシックをやられていたんですよね。
岡部 はい。2歳上の兄がいるのですが、兄がバイオリンを始めたのがうらやましくて、私もやりたいって3歳のとき両親にお願いしたのが最初です。家では、両親が好きだったのでずっとクラシックが流れていて、大学でもクラシックを学んでいましたが、私はむしろポップスとかロックを聴いていました。J-POP、ロックやメタル、ジャズ、エレクトロなど、ジャンルを決めずに自分がかっこいいなと思ったものを何でも聴いていました。

――オーケストラに入るという道もあったと思いますが。
岡部 私は、その方向はまったく考えていませんでした。優秀な方はたくさんいらっしゃいますし、オーケストラで募集している枠はとても少ないですし。私の性格的に、自分で新しいものを作って自由にやっていくほうが、向いているし楽しいだろうと思っていたので。

――ポップスフィールドで、ソロのバイオリニストというのはあまり前例がないのですが、そういう部分ではご自分で道を切り開いて来たわけですよね。
岡部 いろいろ模索しながらやって来ましたね。たとえば高校生のときに、ヘアーショーでモデルをやりながらバイオリンを弾くというのがあって、それはひとつのきっかけになりました。先輩に誘っていただいて、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演される方のバックでストリングスセクションの一員として演奏に参加したこともあります。自分で曲を書くようになったのは大学を卒業するくらいのころからで、ストリートライブをやったり、自主制作でCDを作るなどするようになりました。とは言え、何をするにも経費がかかるので、勉強も兼ねてやるようになったのが、スタジオミュージシャンや、アーティストのバックでの活動です。

やりたいと思ったことは、すぐ行動に移すタイプ

――Dragon AshやSound Horizon、西野カナ、河村隆一など、数多くのアーティストのバックなどを務めたなかで、印象に残っている方は?
岡部 みなさん素晴らしいですが、私が大学生のころに、いちばん最初に起用してくださったのが、Dragon Ashさんでした。そのときから、ストリングスアレンジをまかせてくれたり、ソロでレコーディングに参加させていただいたり。5月に日本武道館で開催したライブでは、私がストリングスチームを結成してバックに参加させていただいたんです。一番長く関わらせていただいているので、すごく感慨深いものがありましたね。また、先日リリースされた椎名林檎さんの最新作『日出処』の収録曲でも、ストリングスセクションの一員として参加させていただきました。あくまでもスタジオミュージシャンのひとりとしての参加でしたので、特にお話をさせていただけるような機会はありませんでしたが、アルバム『無罪モラトリアム』のころからの大ファンでしたので、本当に感激でした。いつかコラボという形でご一緒させていただくのが夢です!

――今後はどういう方と共演してみたいですか?
岡部 “強め”の音楽性を持った方が好きなので、J-ROCKならRADWIMPSさんのファンなので、機会があったらうれしいです。

――岡部さん自身も“強め”の性格ですか?ルックスは華奢でフワットした女の子らしい印象ですけど。
岡部 強めだと思いますよ。やりたいと思ったことは、あまり考えずすぐ行動に移してしまうタイプです。言いたいことを何でも口に出してしまうので、よく考えてから喋るように言われます。あと、中身がオッサンだとよく言われます(笑)。

――さて、そんな岡部さんのデビューアルバム『Neo Nostalgia』が発売に。宇多田ヒカルさんを手がけたことで有名な、三宅彰さんがプロデュースされたとのことですが。
岡部 kahoさんのサポートミュージシャンをさせていただいたときに、初めてお会いして、興味を持っていただいてプロデュースしていただくことになりました。今作では、バイオリンで歌を伝えるということをテーマに、カーペンターズやシルヴィ・バルタンなど、日本でも海外でも有名な往年の楽曲をたくさんカバーしています。それだけではなく、オリジナル曲も収録しているので、私のこともしっかり知ってもらえる作品になりました。細かいことですが、原曲の歌と同じリバーブ処理を施していたり、歌っている方の抑揚をバイオリンで再現していたり、“バイオリンで歌う”ということに意識を持って、こだわって制作しました。ぜひたくさんの方に聴いていただきたいです。

――目標とするような方はいますか?たとえば葉加瀬太郎さんとか。
岡部 私、そういう目標とする方っていなくて。もちろん太郎さんは素晴らしい先輩で尊敬していますが、太郎さんがやられていることと同じことをやるのでは、私がやる意味がないと思います。なので、自分なりにいろいろな経験を融合させて、私らしい新しい表現方法を提案して、面白いと思ってもらえることをどんどんやっていきたいです。もちろん葉加瀬さんの「情熱大陸のテーマ」のような、私と言ったらこの曲みたいな、象徴的な1曲を作ることも夢のひとつです。あと、私のような女の子が、バイオリンを使って日本の楽曲で、こういうことをやっている。これは、海外ではないことなんです。なので、私の活動を日本のカルチャーとして海外にも発信していけるように頑張りたいです!

(文:榑林史章/撮り下ろし写真:片山よしお)
岡部磨知オフィシャルサイト(外部サイト)
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!