• ホーム
  • 音楽
  • GENERATIONS『EXILEの魂を継承した弟分が待望のメジャーデビュー!』

GENERATIONS『EXILEの魂を継承した弟分が待望のメジャーデビュー!』

 EXILEの誇りと志を受け継ぐ次世代ボーカル&パフォーマンスユニット・GENERATIONS。2011年夏から夢者修行と題し、全国公演を行ってきた彼らが待望のメジャーデビュー!ボーカルの数原龍友と片寄涼太に話を聞きました。

男らしさの部分では他の同世代のグループには負けない

――ついにメジャーデビューですね。おめでとうございます。
数原龍友ありがとうございます。メジャーデビューをしたいという同じ夢を持って2011年の夏からみんなで夢者修行をやっていたときは、ゴールが見えない果てしなさを感じていたので、本当に長かったです。
片寄涼太振り返るといろんなことがあったので……長かったと思います。先輩たちのドームツアーとか、デビュー前にしてあんな大きなステージに立たせていただけたことは、すごく勉強になりました。

――本当、デビュー前からすごいステージに立っていますよね。
数原感謝しています。『a-nation』ではスタジアムを経験させていただきましたから。僕らはみんなEXILEさんのファンで、ライブとか観に行っていた側だったんです。それが一緒にパフォーマンスさせていただけているなんて夢のようです。ステージから見る景色は言葉にならなかったですね。今までの夢者修行があったからメンバーのことを知ることができたと思うし、すごい絆が深まったなと感じました。

――GENERATIONSは、ほかのボーカル&パフォーマンスユニットとなにが違うんだと思いますか?
片寄(白濱)亜嵐くんとか、メンバー内には俳優をやっている人もいるし、デビュー前にしてマルチなグループなのかな?って思います。それぞれ個性も役割もあるし、GENERATIONSはグループだけでなく、個人としての夢にもチャレンジできる場所であるところが違うところじゃないかと思います。
数原僕らはEXILEさんの魂を継承していきたいので、男らしさの部分では他の同世代のグループには負けたくないと思いますし、これからもっと磨いていきたいです。

――GENERATIONSはツインボーカルですが、お2人の声は特徴的ですよね。片寄くんはハイトーンの甘い声で……。
片寄若いってよく言われます(笑)。

――で、数原くんが男っぽくやさしい声。
数原ありがとうございます。

――じゃあ歌い分けパートも自然と決まる感じなんですか?
片寄そうですね。「片想い」は、レコーディングで歌詞の内容がどっちの声がイメージ合うかな?っていうのを話し合って歌い分けを決めたのが印象的でした。
数原その「片想い」はライブで毎回、歌わせてもらいました。もう300回くらい歌っている曲です。

――2人とも「片想い」がお気に入りなのかな?
数原バラード曲ですし、ボーカリストとしては自然に想い入れが深くなります。あとはやっぱり憧れのATSUSHIさんから詞を頂いているので、重みがあります。……(片寄に対して)ASTUSHIさんからメール来た?
片寄来た!
数原“2人の「片想い」が聴けてよかった。ありがとう”って。涙が出るくらいうれしかった……(感)。
片寄うれしかった。自分なりに悩んで歌ったし、まだまだな部分も感じられて勉強になった1曲だったので、本当にありがとうございますっていう気持ちをメールで返信させていただきました。

――「BRAVE IT OUT」は、ドラマ『シュガーレス』(日本テレビ系)の主題歌ですね。
数原テレビで観たたとき、“おおっ!”って立ちあがりました(笑)。
片寄ドラマの主人公の“マダダ、マダマダ”という気持ちと歌詞がリンクしていてすごく運命を感じました。
数原レコーディングも大変でした。“どう歌えばいいんだろう?”っていう単純な疑問から入って、歌ってみても思うようにいかないんです。それでもう1回歌詞を読み返してみたんです。「BRAVE IT OUT」って“最後まで屈しない”って熱い意味が込められているんですけど、それって僕らが夢者修行をしていた頃のあきらめない気持ちと似てるな〜と感じて、その気持ちを歌にぶつけようと思いました。本当にサビ後半<マダダ マダダ>というところは自分に言い聞かせているようですごく好きです。
数原この曲はすごく攻めてるし、緊迫感のある楽曲で、挑戦したことのない曲だったんです。そういう歌を歌うことによって、自分たちの新たな一面を発揮できたのかもしれないです。

メンバーそれぞれにキャッチフレーズをつけるとしたら……

――『シュガーレス』には白濱亜嵐くんと佐野玲於くんが出演していますね。
片寄カッコいいですよね。うらやましいです。
数原『シュガーレス』は僕も出演したかったです。
片寄どういうことですか?それは?

――(笑)!
片寄龍友くんは本当に好奇心旺盛だよね。
数原基本なんでも挑戦したいんですよ。だから亜嵐くんにお願いしたんですよ。でも今のところオファーは来てないです……(笑)。

――(笑)では2人で他のメンバーのキャラ紹介をしてください。
片寄じゃ(関口)メンディーさんは、最年長のやさしいおもしろキャラです。
数原GENERATIONSの“お兄ちゃん”みたいな存在です(笑)。
片寄亜嵐くんは“ミスター・ストイック”。身体もすごくできてますし、移動中バスのなかでもみんな寝てるのにひとりで台本を読んでたり、尊敬しますね。で、(小森)隼は、やさしくて不器用な“愛されキャラ”です。
数原玲於はGENERATIONSのギャップMANかな?
片寄ダンスが大好きだよね。追求心がすごくて、ダンスオタクの“ギャップMAN”。
数原そして(中務)裕太くんは同い年(19歳)なんですよ。ダンスがめちゃくちゃ上手い。
片寄GENERATIONSのメンバーになる前は、大阪校のダンスのインストラクターだったんです。普段は“さみしがり屋”だけどね(笑)。

――そして、お2人は?
数原僕はよく“ムードメーカー”って言われます。涼太とは静と動というか。俺が突っ走りそうになると、止めてくれます。逆に涼太が冷めているときに俺が火をつけるかもしれない。っていう、いいバランスだよね。で、涼太は“不思議ちゃん”?
片寄全員キャッチフレーズがつきましたね(笑)。

――(笑)ということで、GENERATIONSがこれから目指していくところは?
片寄いろいろと目指したいんですけれど、今はこの「BRAVE IT OUT」で結果を残すこと。この曲でたくさんの人に知っていただきたいです。
数原そして、いつかは自分たちだけで大きなステージに立てるようにがんばります。
(文:三沢千晶)

関連リンク

PHOTO GALLERY
PROFILE
OFFICIAL SITE

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!