• ホーム
  • 音楽
  • CNBLUE『10万人を動員した初のアリーナツアーをレポート!!』

CNBLUE『10万人を動員した初のアリーナツアーをレポート!!』

 10月2日の愛知・日本ガイシホールを皮切りに全国6都市9公演、10万人を動員したCNBLUE初のアリーナツアー『CNBLUE Arena Tour 2012〜COME ON!!!〜』の最終公演が、10月20と21日にさいたまスーパーアリーナで行われた。

CNBLUEらしい多彩な演出で観客を魅了!

 真っ赤なライトにステージが包まれるなか、「Come on」と「Get Away」と、立て続けに週間アルバムランキングで1位を獲得したアルバム『CODE NAME BLUE』のなかから疾走感溢れるロックチューンで会場の熱量を一気に上げていく。「やっときた〜さいたま〜」(ジョンヒョン)、「感無量です。今(会場をギッシリ埋め尽くした超満員の客席を見渡して)ホントすごいですね!たくさん来てくれて本当にありがとうございます」(ヨンファ)、アルバム『CODE NANE BLUE』リリース記念イベントで「アリーナツアーでは(アルバム曲を)全部やりたいです」(ミンヒョク)、「やります!」(ヨンファ)と宣言していた通り、この日は、前述のアルバム曲を軸に、「直感」や「Hey You」「LOVE」といったおなじみの韓国の人気曲に加え、“バンド”CNBLUEらしい多彩な演出で観客を魅了!

 ヨンファが囁くようにピアノを弾きながら歌ったバラード「feeling」では、彼の細やかな息遣いまでもが聞こえるほど、会場は静まり返り、続く「These days」では、透明感溢れるジョンヒョンの歌声とヨンファの切なくも優しいピアノの音色が見事な調和を成し、会場は大きな拍手に包まれたのだった。また「今回のツアーの前にイギリスに行ってきたんです。そこでみなさんのためにロックを充電してきました。だから、今からはロックで一緒に踊りましょう!ダンスタイムですよ〜」とのヨンファの呼びかけで、それまでの神妙な空気から一変し、「Have a good night」では、ミラーボールが回り、会場はダンスフロアへ。さらに「Wake up」では、どんどん増していくハンドクラップのリズムに合わせ、観客と息の揃った「Wake up〜」の掛け合いを展開!巨大な熱気がうねりとなって会場に充満したのだった。

約3時間に及ぶ熱く濃密な4人との時間

 さらに暗転し、アコギの音色が場内に鳴り響くと、楽器を置いてひとりずつ花道をゆっくりと闊歩。そして、サブステージに4人が横並びとなり、「Blue Sky」と「Teardrop in the Rain」をアカペラで披露。1人ひとり異なる歌声が紡いでいく繊細かつ温かな空間に、祈るようにただただじっと聴き入る観客。バンドCNBLUEとしてではなく、ボーカリストとしての4人、彼らのあふれ出る人間味を堪能できた貴重な瞬間であった。

 かと思うと、「特別に今回のツアーのために曲を作ってきました。多分2度とないと思います」(ジョンヒョン)と、いきなりハイテンション、お笑いモードに突入したメンバーは、ご当地グルメを織り交ぜた即興ラップを披露。「今日は牛丼でいきましょう〜」とジョンヒョンのブルージーなアコギを伴奏にボイパを織り交ぜたりとノリノリのヨンファは「♪昔から〜牛丼食べ〜て〜」とひとり熱唱&暴走。「今はどうですか〜?」と無理やりヨンファにマイクを向けられ、「♪たぶん同じぐらいじゃないですか〜」と困惑しつつも、クールにラップするミンヒョク。「♪今日も牛丼食べて〜でも、紅ショウガは嫌〜」と本音を漏らすジョンシンに「♪僕も〜」と続けるヨンファ。4人の遊び心に会場は大爆笑。しかし、そんななかでも、ロックバンドとしての佇まいは消えることはなく、さらなるエネルギーを補給した4人は、後半はステージを所狭しと全力で駆け回る。「今年は音楽活動が少なくて、すみません……でも、僕らの音楽を聴いて待ってくれていたみなさんのおかげで、アリーナツアーができました」(ジョンヒョン)、「すべてがみなさんのおかげです。最近はメンバー個人の活動も増えていますが、この4人でライブをやっているとき、僕たちはCNBLUEだと感じます。これからもずっとライブ会場で会いましょう」(ヨンファ)と感謝と約束を述べたあと、「次の曲からまた僕らのロック出します」と「Where you are」から熱く重々しい重低音を轟かせ、観客を圧倒!そして、「Time is over」がはじまると、ステージ全体が真っ赤なライトに照らされ、後方のスクリーンに時計のカウントダウンが表示。演奏が終わると00:00:00:00となり、本編は緊迫したムードが最高潮に達したなか、幕を閉じた。

 アンコールの歓声が沸き起こり、その声が次第に大きくなると、スクリーンに“Break Time is Over”の文字が投影。デビューシングル「In My Head」のイントロが流れるとともに、00:00:00:00〜今度は時間が加算されていき、「Love Girl」「Love Revolution」、そして、ラストナンバー「Kimio」を終えたときには、ブルーのライトに包まれるなか、時計のカウントは00:24〜を超えていたのだった。「さいたまやっぱりすごい!」(ジョンシン)と最終日にはさらにトリプルアンコールも行われ、約3時間に及ぶ熱く濃密な4人との時間は、大きな感動を共有しながら幕を閉じた。

 さらに、「12月19日には僕らの4枚目のシングルがリリースされますので、楽しみにしていてください」(ヨンファ)とうれしいニュースも!!ライブバンドとしての確固たる存在感、さらなる進化をまたしても見せてくれたCNBLUE。このアリーナツアーで大きな手応えを得た彼らが、どんな次作を見せてくれるのか。意義深いライブをたくさん見せてくれた今年を締めくくる作品となるだけに、今から想像するだけで、その瞬間が待ち遠しいばかりである。
(文:星野彩乃)

関連リンク

PHOTO GALLERY
PROFILE
BLOG
OFFICIAL SITE
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!