2015-03-30


ハイレゾ女子が急増中!ブームの実態に迫る



盛り上がる「ハイレゾ市場」「ハイレゾ」の魅力とは?
まだ間に合う!「ハイレゾ」とは?

 「高音質」と聞くと、「音がクリアに聴こえるのかな?」と考える人もいるのではないだろうか。しかし、一言に「高音質」といっても、ハイレゾはそんなに単純なものではない。「ハイレゾ音源」はCDの約6.5倍もの音の情報量を持ち、従来のCDのフォーマットではカットせざるを得なかった音域まで、膨大な音の情報量を記録することが可能となっている。CDと比較して音をより細かくデジタル化して保存することができるので、レコーディングスタジオやコンサートホールで録音した音のクオリティーをほぼ忠実に再現することが可能だ。

 その音質の素晴らしさを知るのは、以前は音にこだわる一部のオーディオファンなどに限られており、特に男性の割合が高かった。しかしソニーやJVCケンウッドなどが次々とハードを投入し、2万円台のプレーヤーも登場するなど、手が届きやすくなってきている。最近ではMr.Childrenなど著名ミュージシャンがハイレゾに関する発言を次々としたことで、幅広い音楽ファンへと認知を拡大。さらにNTTドコモやauがハイレゾオーディオに対応したスマートフォン、タブレット機種を続々と市場に投入し、これまでハイレゾに興味がなかった層や、女性のユーザーも増加。「ハイレゾ女子」なるものも現れているという。

実はこんなに流行っていた!増加する「ハイレゾ女子」
Q.あなたは「ハイレゾ」を知っていますか?
Q.「ハイレゾ」対応機器を
持っていますか?
認知している人のハイレゾ機器保有率が
高い女性

 そこで、ORICON STYLEでは「ハイレゾ女子」の実態を探るべく、音楽ファンへのアンケート調査を実施。まずは「あなたは『ハイレゾ』を知っていますか?」と聞いてみると、「知っている」と答えた人は男性が74.3%、女性が53.4%と、男性のほうが2割ほど高くなった(左のグラフ参照)。さらに、「ハイレゾ」を「知っている」と答えた人に「『ハイレゾ』対応機器を持っていますか?」という質問をしてみると、男性が42.2%、女性が65.9%が「YES」と回答。女性は男性と比べて認知している人の保有率が高く、その魅力を知っている人はハイレゾの虜になってしまっているのだ。

 実際にハイレゾ機器で音楽を聴いている人のコメントを見ると、「音質にこだわりがあるのでとても良いです。他の機器に戻れなくなっちゃいます(笑)」(山形県/10代/女性)と、魅力にどっぷりハマっている人が多いことがわかる。「『ハイレゾ』の魅力は?」という質問に対しては「オーケストラのひとつひとつの楽器の音がわかる」(神奈川県/20代/女性)、「アーティストが本当に届けたい音が聴ける」(和歌山県/20代/女性)など、“ライブのような臨場感”“自分が好きなアーティストが伝えたかった細かな音のニュアンスまで聞き取れる”というコメントが多かった。

Q.「ハイレゾ」対応製品を欲しいと思いますか
女性ほど「好きなアーティストの曲を
いい音で楽しみたい」傾向

 認知していてハイレゾ機器を持っていない人でも、「欲しい」と考えている人は男性が45.5%、女性が48.9%と、こちらもやはり女性の割合が高くなった。理由としては、「好きな音楽をより良い環境で聴くことで、さらにその楽曲の魅力を知ることができると思うから」(神奈川県/30代/女性)など、音楽ファンであればあるほど“好きな曲をいい音で楽しみたい”と考えるのは当然なことのようだ。特に女性の場合、好きなアーティストのことをとことん知りたいと考え、こだわりを持って応援する傾向が高いため、ハイレゾに興味を持つ人が増え、「ハイレゾ女子」が誕生するのも自然な流れといえる。また、近年、ヘッドホンにこだわる若者が増えていることも、ブームを後押ししている。ハイレゾ=男性ファンのイメージが多かったが、「ハイレゾ女子」は確実に増加している。

調査から見えてきた「ハイレゾ女子」の傾向

なぜハマる?「ハイレゾ女子」の実態!

 明らかになってきた「ハイレゾ女子」の傾向。そこで、実際に普段から「ハイレゾ」に親しんでいる読者モデル5人に、ハイレゾにハマっている理由やこれから楽しもうと思っている人たちへのアドバイスを語ってもらった。

奥家沙枝子さん
奥家沙枝子さん


奥家沙枝子さん
(おくや さえこ)
1987年9月27日生まれ
モデル、DJ、ファッションブロガー

    Q.好きな音楽のジャンルは?
  • 洋楽です。アメリカのTOP40をいつもチェックしています。DJもやっているので、ジャンル的にはクラブミュージック。ハウス、エレクトロなどをよく聴いています。ファレル・ウィリアムスが好きなので、今日はストリートっぽいファッションにしてきました。
    • Q.ハイレゾのどんな部分に魅力を感じていますか?
  • “聴く”というより、“体感する”という感じなんです。目を閉じると、レコーディング現場にいるかのような、リアルな生音が体感できます。慣れちゃうともう元の音に戻れないですね!
    • Q.ハイレゾを聴くおすすめのタイミングは?
  • 移動距離が長い時におすすめですね。どっぷりはまれるので、長い距離もあっという間です!
    • Q.これから「ハイレゾ」で音楽を楽しもうと考えている方に対して、一言!
  • これは実際に聴いてみないとわからないと思います。一度聴けば違いがわかりますので、まずは体感してみてください!
  • 三浦泉さん
    三浦泉さん


    三浦泉さん
    (みうら いずみ)
    12月1日生まれ
    ピアニスト、読者モデル

      Q.好きな音楽のジャンルは?
  • ディズニー、クラシック、ジャズなどです。美しいメロディーラインの音楽が好きです。 ファッションもきれいめにまとめるのが定番です。
    • Q.ハイレゾのどんな部分に魅力を感じていますか?
  • CDは少しベタッとした感じがするんですが、ハイレゾは奥行きがありますよね。機械的な音ではなく、音響の良いコンサート会場で聴いているような感覚。楽器もなんだか身近に感じられます。歌モノはボーカルの迫力がすごく伝わってきますね。
    • Q.これから「ハイレゾ」で音楽を楽しもうと考えている方に対して、一言!
  • 持ち運べるサイズのハイレゾ対応プレーヤー機器もあったりするので、ぜひ持ち歩いて、日常のいろんなシーンで生の臨場感を味わっていただきたいですね。
  • 大井智保子さん
    大井智保子さん


    大井智保子さん
    (おおい ちほこ)
    5月15日生まれ
    読者モデル、DJ

      Q.好きな音楽のジャンルは?
  • 女性アーティストだと、JUDY AND MARY、YUKIさん、Charaさん。男性だと、FUNKY MONKEY BABYSですね。DJをやっているので、DJではハウスやエレクトロをチョイスしています。フェスやライブも大好きで、今日は夏フェスっぽいファッションをしてきました。
    • Q.ハイレゾのどんな部分に魅力を感じていますか?
  • コントラバスを弾くときに指がかかる瞬間とか、スネアの響きの広がりであったり、家でもライブみたいな感覚が味わえるところですね。あとCDだと高音が目立ってしまったりするんですけど、ハイレゾは低音部までしっかり響いてきますよね。
    • Q.ハイレゾを聴くおすすめのタイミングは?
  • ライブのあとに臨場感を思い出したいときとか、リラックスしたいときですね。好きなスイーツを置いて、紅茶とかを飲みながら贅沢な時間を過ごしてもらえたらと思います。
    • Q.これから「ハイレゾ」で音楽を楽しもうと考えている方に対して、一言!
  • 音楽が好きな人であればあるほど、新しい発見があって、音楽をもっと好きになると思います。ひと手間かけるのが流行ってますけど、ぜひハイレゾでプチ贅沢を味わっていただきたいです!
  • 長谷川あやさん
    長谷川あやさん


    長谷川あやさん
    (はせがわ あや)
    1987年5月16日生まれ
    読者モデル

      Q.好きな音楽のジャンルは?
  • ロックやテクノですね。家ではBGM変わりにずっと音楽を流しています。
    • Q.ハイレゾのどんな部分に魅力を感じていますか?
  • 空間が広がっているというか、ライブで目の前で歌ってくれているような感じがします。バラードだったりすると、言葉が心にしみてきて、歌詞がより伝わってきます。失恋したときとかに聴いたら泣いちゃいますね。一度ハマってしまったらもう戻れないです(笑)。
    • Q.ハイレゾを聴くおすすめのタイミングは?
  • 日常生活のいろいろな場面で聴いてほしいです。通勤や通学時間も素敵な時間になると思います。
    • Q.これから「ハイレゾ」で音楽を楽しもうと考えている方に対して、一言!
  • とにかく1回聴いてみれば違いがわかります! ぜひ、体験してみてください。
  • 櫻井由佳さん
    櫻井由佳さん


    櫻井由佳さん
    (さくらい ゆか)
    2月14日生まれ
    歌手、読者モデル、サロンモデル、イベントMC等

      Q.好きな音楽のジャンルは?
  • J-POPだと絢香さんとか、洋楽だと、マイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダーとかですね。映像と一緒なら三代目J Soul Brothers、E-girlsみたいに動きのあるグループが好きです。今日は絢香さんのライブに行くときの服装をイメージしてきました。
    • Q.ハイレゾのどんな部分に魅力を感じていますか?
  • 今までは耳で聴いていたのが、なんだか生演奏のように頭の中に空間が広がっていくように感じるんです。立体感があるというか。ライブで生歌を聴く感じに近いですね。耳元で絢香さんが歌ってくれているような感じがするんですよ。
    • Q.ハイレゾを聴くおすすめのタイミングは?
  • 夜、家でリラックスしたいときにおすすめです。できれば間接照明のしっとりした雰囲気のなかで、お茶を飲みながら、音楽に浸ってほしい。贅沢な時間が過ごせると思います。
    • Q.これから「ハイレゾ」で音楽を楽しもうと考えている方に対して、一言!
  • それで満足してていいの? って思います。音楽をもっと楽しめると思うので、ぜひ体験してみてください!
  • (スナップ撮影/草刈雅之、西田周平)

    いつの時代もトレンドをけん引するのは女性 「ハイレゾ女子」によりさらなる普及に期待!

     1990年代のピーク時と比べて“CD不況”に陥っていると言われて久しい。一方で、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会発表のデータによるとライブの動員数や投資額は増加の一途を辿っており、「ライブ体験」「生音」を求める若者が増えているように感じる。本特集に登場した「ハイレゾ女子」たちは、「ハイレゾ」を聴くことで“ライブ会場にいるような感覚を味わっている”ことがわかった。「ハイレゾ女子」急増の背景には、ライブ会場に行かなくても好きなアーティストが目の前で歌ってくれているような、“ライブ感覚”をもたらしてくれる、ということも大きく影響しているのではないだろうか。いつの時代も、トレンドをけん引し大きくしていくのは女性たち。今後、女性への「ハイレゾ」認知がより高まり、幅広い層へと浸透していくことで、やがて音楽の楽しみ方のひとつとして定着していくことが期待される。

    【調査概要】
    調査時期:2015年3月13日(金)〜3月18日(金)
    調査対象:合計1000名
    (自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
    調査地域:全国
    調査方法:インターネット調査
    オリコンランキングに参加しませんか?アンケートモニター募集中!