• ホーム
  • 音楽
  • 矢沢永吉『俺にとっての生きる意味、かけがえのない音楽』

矢沢永吉『俺にとっての生きる意味、かけがえのない音楽』

 デビュー40周年を迎える矢沢永吉が2年ぶりのアルバムをリリース。『Last Song』と名付けられた今作に込めた思い、波乱万丈の人生のなかで彼が見つけた生きる意味、音楽の魅力とは。

がむしゃらに走り続けていたら40年が過ぎていた

――『Last Song』とは、意味深なタイトルですね。
矢沢永吉良くも悪くも…というか、いい意味で長くやってきているということでしょうね。毎年武道館(ライブ)の最終日にはマイクスタンド見て「今日が終わったら、しばらくはこいつの顔を見ることがないんだ」と思うんだけど、それと同じような心境。正直CDを作れば売れるという時代でもないし、(アルバムを)作らないという選択肢もあるんじゃないかなって。でも、時間が経つとライブが恋しくなるように、数年後には「音楽を作りたい!」と思っているかもしれないですね。

――矢沢さんをそこまで駆り立てる音楽の魅力とは、どういうものですか?
矢沢音楽の魅力というよりも、音楽にはまって抜け出せないっていう感じかな。アーティストってどこか職人気質なところがあるから、あまり融通が利かないんですよ。ただひたすらに1つのことを頑張って、気づいたら40年経っていた。逆を言えば“音楽を辞めたら自分じゃなくなってしまう”みたいな怖さはありますよね。

――矢沢さんにとって、どんな40年間でしたか?
矢沢仲間に裏切られたり大変なこともたくさんあったけど、そういうことを乗り越えられたから、僕自身を“職人気質”と表現できるのかもしれないですね。正直、逃げ出したいと思った時もあるけれど、逃げずに戦ってきた日々が今となってはいい思い出になっています。今さらだけど、僕って自ら困難に挑戦していくタイプなんです。それがあったからここまで来ることが出来たんだろうし、一緒に付いてきてくれたファンのみなさんにも感謝しています。

生きるためにライブはやめられない

――矢沢さんが、今だから言えることは?
矢沢食うために働くのと、生きるために働くのは違うっていうこと。大昔、僕は食うために働いていた。でも、今は生きるために歌っている。仕事や将来に迷っている人たちもたくさんいると思うけど、いつか「生きるために、この仕事がやめられないんだよね」って言えるようになったらいいですね。だから僕は言いたい「生きるためにライブはやめられない」。

――9月には40周年記念ライブも行われますが、どのような感じになりそうですか?
矢沢すでに大体の構想と演奏曲は決まっているのですが、とにかく40周年なので40年前からファンの人も、夏フェスなどでみてファンになった人たちも、みんなが楽しめる、歴史を感じられるようなライブにしたいですね。今のところ30曲ほど歌う予定なのですが、残暑のど真ん中にそれだけ歌えるのかな?(笑)。

――マキシマム ザ ホルモンやザ・クロマニヨンズなど、スペシャルアクトも錚々たるメンバーですね。
矢沢1バンドだけでもかなりの観客を集められる人たちが、スケジュールを調整して5組も集まってくれるなんて嬉しいことだよね。きっと彼らは、僕がこれまでにやってきたことを見ていて「永ちゃん、お疲れさん!」という気持ちがあるんじゃないですか。

――そうやって集まってくれる人たちが周りにいることを羨ましく思います。
矢沢嬉しいですよね。先ほども言ったように僕は同じことを繰り返してここまで来たけど、それが僕の音楽人生だったんですよね…って、まだ死んだわけじゃないんですけど。今は、そんな感じです。

LIVE INFO


◆40周年記念ライブ『EIKICHI YAZAWA 40th ANNIVERSARY LIVE「BLUE SKY」』

日時:9月1日(土) ※荒天の場合は2日に順延
場所:神奈川県・日産スタジアム
特設サイト⇒ http://www.eikichiyazawa.com/bluesky/index.html


◆全国ツアー『EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2012「JAMMIN' ALL NIGHT」』

11月7日の広島市文化交流会館を皮切りに、全国16ヶ所22公演を開催!
特設サイト⇒ http://www.eikichiyazawa.com/jammin_all_night/index.html

関連リンク

リリース作品一覧
ARTIST PAGE
OFFICIAL SITE
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!