• ホーム
  • 芸能
  • 前田敦子『なんでもやりたいって言える自分がいる』

前田敦子『なんでもやりたいって言える自分がいる』

エイトレンジャーが再始動! 関ジャニ∞扮する、落ちこぼれの青年たちが“エイトレンジャー”となって、テロリストの手から守った八萬市(エイトシティ)。あれから5年後、平和に見える街の裏側には、新たな脅威が迫っていた……。前作に引き続き『エイトレンジャー2』のメガホンをとるのは、日本映画界の鬼才、堤幸彦監督。バラエティ豊かな俳優陣が顔を揃えるなか、前田敦子が新キャラクター・西郷純役で参戦! パワーアップした新生エイトレンジャーの魅力を聞いた。

これは思い切って参加できるなって(笑)

――文化面に定評のある某週刊誌で、映画の連載コラムを持つ前田さん。堤作品についてはどんな印象を?
前田シリアスだけどシュール。どの作品も好きですが、世界観で言うなら『トリック』のシュール感が好き。『SPEC』は奥が深くて、一度見逃すとついていけないから(苦笑)。『エイトレンジャー』も『トリック』と同じ系譜になりますかね。今回、ここまで振り切った作品で、堤監督とご一緒できることになり、すっごく楽しみでした!

――前作をご覧になった感想は?
前田関ジャニ∞のみなさんのカッコいい部分が全面に出たTHE ヒーロー映画! 前作で“エイトレンジャー”の世界観が確立されたからこそ、今作があることをすごく感じたというか。キャラクターもより濃くなって、ギャグ要素も満載の今回の台本を読んで、これは思い切って参加できるなって(笑)。撮影現場では、監督の演出で、さらにキャラが強くなったんですけどね。

――前田さん扮する、ある失踪事件の真相を調べるために、ヒーロー協会に潜入した記者・西郷純の男勝り気質も現場で生まれたもの?
前田最初はもっと健気な女の子だったんですよ。衣裳合わせで監督にお会いしたときに「少しキャラを変えて、口の悪い女の子にしたいんだよね。(撮影現場で)どんどんセリフを考えていくから、よろしく」って言ってもらって。素の自分では出せないキャラだったので、監督のなかに明確にあるイメージを確認しながら、必死でついていく感じでした。監督のインスピレーションに入っていくような感覚でしたね。

――初登場シーンで、西郷純のキャラクターを象徴するようなカットをガツンと見せられた衝撃! 見たことのない前田敦子が在る!! とドキドキしました。
前田本番ギリギリに監督に「こうやってみて」って言われたんです。私にしか言ってなかったので、現場でも、まわりがザワザワってなりました(笑)。クランクアップに近い時期での撮影で、陽待ちして一発OKでした。現場でどんどん指示されて、動きが増えて、セリフも変わっていくんですけど、とりあえず「わかりました!」っていうのが、堤組での役者の居方なんだなっていうのは、撮影が始まってすぐに思いました。いろいろなことを試してくれて、何でもやらせてもらえるのが楽しかったです。

関ジャニ∞さんのなかにバンッ!と飛び込んでいけた

――遊び心満載の『エイトレンジャー』ワールドで、気になった小ネタ&小道具は?
前田純ちゃんの衣裳は、私服のダサい子というテーマでしたね。ジャーナリストのくせに、(Dr.スランプ)アラレちゃんみたいなメガネをかけて、チェックオンチェックで田舎っぽいっていう(笑)。ホログラムの名刺とかもおもしろかった。現場で「CGがつくとこういうふうになるんだよ」という仕掛けを聞いて、それを想像しながらのお芝居はワクワクしました。こんなにたくさんCGの入る作品は初めてだったので! 雪の降り積もったビーチを、星の砂の白浜に変えてしまう監督と一緒に、いい意味でふざけられたかなって思います。どの監督にも個性はあると思うけど、本当に独特の世界観で、何より作っているものをいちばん楽しんでいるのは堤さんだなって。

――関ジャニ∞のメンバーとのお芝居はいかがでしたか?
前田男の人ばかりのなかに入っていく意味で、どうしていいのかわからない部分もありましたけど、関ジャニ∞さんだったから、グループのなかにバンッ! と飛び込んでいけたと思います。みなさん本当に仲が良くて、待ち時間の様子を見ているだけで楽しかったです。関ジャニ∞と堤監督という、抜群の相性から生まれた『エイトレンジャー』の世界に入っていく安心感も大きかったですね。小さい子どもでも、関ジャニ∞を知らない人はいないじゃないですか? 兄弟みんなで楽しんでもらえる、夏休みにピッタリの映画になったと思います。たくさん笑ってもらいたいな。

――ちなみに前田さんの思い描くヒーロー像とは?
前田ずっと落ち着いていてくれる人ですね。すごく冷静に人や物事を見て、もし自分に何かあったときには、的確なアドバイスをくれる人ってヒーローだなって思います! 秋元(康)さんとか、そんな感じですね。秋元さんが焦ってる姿とか見たことない(笑)。

――最後に、前田さんの今夏のご予定は?
前田蜷川幸雄さん演出の『太陽2068』で初舞台に立ちます。体当たりして砕けても、全然許される場所だと思うので、とにかく楽しみでしかありません。

――AKB48を卒業して2年。鬼才との仕事が相次ぎますが、プレッシャーは?
前田この監督だから、っていうのはないけど、どの現場に行くときも、同じ緊張感はあります。でも緊張はするけど、孤独を感じたことは全くないし、(現場に)入っちゃえば結局すべて、楽しかった! になる。始まってしまえば「みんな同じ人間だ!!」って(笑)。まだそんなにたくさん出演した作品数もないので、全部が新しい場所になれるというか。今だからこそ、いろんな世界に飛び込んでいけるのかなって気もしています。悔しいって思う瞬間もたくさんあるけど、何をやるにしても苦労はあるので、自分がいちばんやりたい女優という仕事で苦労ができるのは幸せだなって思います。「何でもやりたいですっ!」って言える自分が、まだまだたくさんいます(笑)。
(文:石村加奈/撮り下ろし写真:片山よしお)

エイトレンジャー2

あれから5年。ヤツらがまさかの仲間割れ?!
エイトレンジャー、一触即発!

 時は2040年。テロ組織・ダーククルセイド壊滅後、八萬市は大鶴市長が推進する「ゼロ・プロジェクト」によって、年間犯罪発生率0%を達成。救世主として祭り上げられ、治安活動とは名ばかりの任務につく高給取り・エイトレンジャー。彼らは「札束」に「美女」と過去の貧乏生活からは想像の出来ない優雅な暮らしを送っていたのだった。だが、その中にレッドの姿は―ない。

 平和のモデル都市として成長した八萬市。その陰で年間百人を超える行方不明者が発生している事実に気が付く者がいた。男勝り(?)の気質と行動力を持つ記者・西郷純。失踪事件の真相を追い、生活が一変した彼らの身辺を調べるため、ヒーロー協会の秘書として潜入することに。

 そんな中、突如、街中で爆発事件が発生。街頭ビジョンには壊滅したはずのダーククルセイドの旗、そして、レッドが!
「ただちにゼロ・プロジェクトを中止せよ。さもなくば、処刑する」
 突然の仲間の裏切りに困惑するエイトレンジャー。レッド拘束のため潜伏先に向かった彼らを待っていたのは、“誰かを本気で救いたい心”で新スーツの力を解放したレッドの姿だった……。

監督:堤幸彦
出演者:渋谷すばる 横山裕高 村上信五 丸山隆平 安田章大 錦戸亮 大倉忠義
前田敦子 ベッキー 赤井英和竹中直人 東山紀之
【公式サイト】
2014年7月26日(金)全国東宝系ロードショー(C)J Storm/2014エイトレンジャー2映画製作委員会

関連リンク

前田敦子 撮り下ろし☆PHOTO GALLERY☆
堤幸彦監督が関ジャニ∞を語る!前作『エイトレンジャー』連載
『エイトレンジャー2』公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!