• ホーム
  • 音楽
  • 中村雅俊『俳優&歌手としての40年と新作に込めた震災復興への思い』

中村雅俊『俳優&歌手としての40年と新作に込めた震災復興への思い』

俳優、歌手として活躍する中村雅俊が、歌手デビュー40周年となる7月1日に約15年ぶりとなるオリジナルアルバム『「ワスレナイ」〜MASATOSHI NAKAMURA 40th Anniversary〜』をリリースする。俳優&歌手としての40年とニューアルバムについて語ってもらった。

100%役者で100%歌手 2人の中村雅俊がいる

──1974年のドラマ『われら青春!』で俳優デビュー、同番組の挿入歌「ふれあい」で歌手デビュー、今年が40周年ですね。
中村雅俊こちらが続けたいと言えば、続けられる世界でもないので、支えてくださったみなさんや、中村の芝居を観たい、歌を聴きたいと、求めてくださったみなさんに感謝しかないです。

──デビューシングル「ふれあい」がいきなりオリコン週間チャートで10週連続1位、しかもミリオンセラーという快挙。
中村大学時代から音楽が好きで、自分で作詞も作曲もしていましたけど、当時は、文学座で演技の勉強をしている最中でしたから、歌は封印じゃないけど、歌手デビューやレコードデビューなんてまったく考えていませんでした。ただ、『われら青春!』の枠は青春学園シリーズで、俺は5代目の主役になるんですけど、主役の先生は初代の夏木陽介さんに始まり、竜雷太さんや村野武範さんも、みなさんがレコードを出すという流れだったので、じゃあ、中村も歌おうということになったんですね。実はラッキーなデビューでした。

──しかし、そのデビュー以来、毎年コンサート・ツアーを欠かさず、公演数は1400回超。これはすごい数字ですね。
中村もしも「ふれあい」だけで終わっていたら、ここまで続けることはできなかったでしょうね。次のドラマも主役と主題歌というお話をいただき、それが何作も連続して、しかも嬉しいことにドラマも歌もある程度の結果を残せたことが大きかった。でも、役者が歌ってる、というスタンスでは続けられないなということは、かなり早い時期から思っていました。役者が趣味で歌うのは、失礼だと思ったので。芝居をやるとき、100%役者であるように、歌うときは100%歌手であるべき、という意識でやってきました。だから、俺のなかには2人の中村雅俊がいます。そういう意識でコンサート活動を続けていると、コンサートをやるとはどういうことかと考えるようになりますね。ただ好き勝手に歌えばいいってものじゃなく、たとえばピアノやサックスとかの楽器を演奏するとか、パフォーマーとしての努力も必要です。同じようなものはお見せできませんから。歌の表現も含め、やるたびにスキル・アップしたものをお見せしないと、続きませんね。

──好きなだけでは到達しませんよね、1400回公演は。
中村そう思います。覚悟のようなものがないと。

──ニューアルバム『ワスレナイ』を聴くと、中村雅俊ワールド全開です。
中村アルバム1曲目の「君がいてくれたから」は、40周年の感謝を歌っています。今回は自分で作詞や作曲をした曲が多いので、いつも以上に自分らしさが濃く出ています。歌も、俺の場合、独特の声質ですからね、どう歌っても中村だってわかってしまいますね。演技と似ていますよ。俺、芝居で台詞を言うときも切れが悪いんです(笑)。ハキハキ言うタイプではない。歌も台詞の言い回しと似ています。これは直らなかった、というより、あえて直そうとも思わなかったところです。ボイス・トレーニングに行くチャンスもなかったわけではないけど、行かなかったし。ハ行のHの音が聴こえないとかね(笑)。いろいろ言われることもありますが、それは持ち味だと思っています。

──そうですね、あの歌はまさに「味」。でも、実はそれが一番難しい。
中村飛び抜けた技術で聴く者を唸らせる歌もあれば、エモーショナルなものを全面に出して聴く者に響く歌もあるから。表現はいろいろあっていいと思います。俺は俺なりに歌い続けてきた結果、持ち味みたいなものが出てきたってことでしょうね。

自分が動くことで被災地の現実を知ってもらいたい

──中村さんは東日本大震災で大きな被害を受けた宮城・女川町のご出身で、これまで様々な支援活動を行ってこられました。アルバムには震災で被災した東松島市立小野小学校・浜市小学校が統合し、今年4月1日に誕生した東松島市立鳴瀬桜華小学校校歌の「花になろう」も収録されていますね。
中村校歌の作曲は初めてだったので、これで大丈夫かな、という不安もあったんですけど、子供たちが俺の前で歌ってくれたときは感動的でした。あれは去年の嬉しい出来事のひとつでしたね。2校が統合されて新しく生まれた小学校だから、ハモれるように作ったし、ギター1本の伴奏でも歌えるので、卒業して20年くらい経って、焼き鳥屋かどこかでクラス会をやったとき、みんなで歌ってくれたら、こんな幸せなことはありません。

──その「花になろう」や宮藤官九郎さんと歌っている「予定〜宮城に帰ったら〜」や「私の町」など、背景に被災地への思いが流れているアルバムだと感じました。
中村3年前にあの震災があってから、被災地では場所を選ばずに歌いに行きました。「花は咲く」や「予定〜宮城に帰ったら〜」も、コンサートでは意識的に歌ってきました。それから、毎年1曲ずつ被災地への思いを込めた新曲を作ろうと、「Smile again」や「ワスレナイ」を書いてきました。これらの曲が中心になっているアルバムです。

──英語での曲紹介から始まる「私の町」は、素朴な歌ですが、グッときました。
中村「私の町」は20歳の頃に作った曲です。日記代わりとまでは言いませんけど、大学時代に80曲くらい作ったなかの1曲。故郷の女川の景色をそのまま歌っています。でも、震災でその景色がまったく変わってしまったので…。昔の景色を歌っている「私の町」を、アメリカのどこかの小さな町のディスクジョッキーがかけるという設定にして収録しました。それを受けて、頑張ろうという気持ちを込め、アルバム・タイトル曲の「ワスレナイ」に行くという流れです。

──BS朝日の報道番組『いま日本は』でも被災地を訪れていらっしゃいますね。
中村はい。「被災地の未来」というコーナーで各地へ伺っています。番組に出演していることも、このアルバムを出したことも、モチベーションは同じです。自分が動くことで、活字になったり、テレビに映ったりして、まだまだだよ、被災地の現実はこうだよと、全国に知らせることにつながれば、と思っているんです。それは故郷が被災してしまった人間として、この先もずっとやっていくべきことだと決めています。だから、アルバムのタイトルは『ワスレナイ』ですが、俺のなかのテーマは“ワスレサセナイ”でもあります。

──そういう中村さんの思いが伝わると同時に、自分の故郷、自分の人生に引き寄せて聴くこともできました。
中村歌を作った者としての思い、歌う者としての思いはもちろんあるけど、聴いてくれる方がどう受け止めてもらってもかまいません。それが歌というもの。歌の力です。
(文/藤井徹貫)

関連リンク

プロフィール/ヒストリー
オフィシャルサイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!