• ホーム
  • 芸能
  • 内田篤人『今も、今までも、ずっと感じていること』

内田篤人『今も、今までも、ずっと感じていること』

W杯サッカー日本代表での活躍も記憶に新しい内田篤人選手が、ORICON STYLEインタビューに初登場☆ポケモン映画での声優への初挑戦、サッカー以外の仕事への広がりについて思うこと、ドイツでの生活、10年後の自身のイメージ、今の子どもたちへの熱いメッセージ――心のうちをさらしてくれた!

スレスレのことを言って場が「ザワザワ」って(笑)

――『ポケモン・ザ・ムービーXY 「破壊の繭とディアンシー」 同時上映「ピカチュウ、これなんのカギ?」』で声優初挑戦ですが、内田さんはまさに“ポケモン世代”?
内田そうですね。小学生の頃は、アニメやゲームにハマっていました。ゲームボーイのとか、本当にまわりもみんな夢中になっていましたからね。さっき「ポケモン言えるかな?」を歌ってみたらしっかり覚えていて(笑)。がっつり“ポケモン世代”です。最近もゲームをやったんですが、昔のポケモンとだいぶ変わっているんですね。“伝説のポケモン”がたくさんいて、どんどんかっこよくなっています。

――好きなポケモンはいますか?
内田(即答で)ミュウツー(笑)!

――それはなぜ?
内田強いからです(笑)。ミュウツーが出てきたときの衝撃が僕のなかですごく大きくて。友だちと「すげえの出てきたな」って話していました。今回、大好きなポケモンの仕事をさせてもらえることを光栄に思っています。自分がキャラクターになるのもすごくうれしいです。

――声優は難しかったですか?
内田(即答で)難しかったですよ(笑)。収録現場でマイクに向かうという経験が初めてで、しかもあんなにたくさんの人が周りで見ていると思わなかったので……恥ずかしかったです。だけどみなさんからうまく褒めていただいて(笑)。それにのせられてなんとかやりきりました。

――今回のようにサッカー選手以外の活動でもメディアに出る機会が多い内田さんですが、そういう状況はどう感じていますか?
内田サッカー以外の仕事もとても楽しいですし、普段できないことをやらせていただけるというのは、すごく刺激になっています。人前に立ったり話をしたりというのは、実はあまり得意じゃないんです。でもそれも仕事だと思うし、何より自分のためだと思ってチャレンジしています。

――少しは慣れてきましたか?
内田ぜんぜん慣れないです。でも少しずつ慣れているんですかね……言っちゃいけないことは言わなくなったし(笑)。

――言っちゃいけないこと言っていたんですか(笑)?
内田スレスレのことを言ってしまって、場が「ザワザワ」って(笑)。でもこうしていろいろな経験をさせていただいて、本当に幸せだと感じています。

サッカーのときは素直な気持ちを話している

――試合後などのサッカー選手としてのインタビューと、このようなインタビューは違う?
内田サッカーのときは、素直な気持ちを伝えるようにしています。こうした取材のときは、言いたいことがしっかりと伝わるように話せるかが不安で……。あとで関係者に怒られないかなって(笑)。

――様々な舞台で活躍されていますが、今チャレンジしてみたいことはありますか?
内田いろいろな番組、雑誌、ドラマにも出させていただきましたし、こうしてポケモン映画の声優も経験させていただいて。ポケモンのキャラクターにもなれましたし、もう本当に満足です(笑)。でも、こうしていろいろやらせていただけるのは、サッカーをしっかりがんばって、その結果ですからね(笑)。サッカーをもっともっとしっかりやります!

――こうしてお話を聞いていても、試合後のインタビューを聞いていても、自分に厳しい方だなという印象です。息抜きはできていますか?
内田オフに入ると日本で友だちに会ったり、美味しいものを食べたりしてリフレッシュしています。こうしてサッカー以外のお仕事をするのも、いい気分転換になっています。

――ドイツでは?
内田リラックスしたい時間帯は、ゲームもしますし、映画も観ます。自分と向き合う時間を大切にしながら。サッカー選手は、1日2〜3時間のチーム練習のほかは、個人の時間です。その時間をどう過ごすかで差が出てくるのかなと思います。

――細貝萌選手(ドイツのヘルタ・ベルリンで活躍)などとよく会われているそうですね。
内田同じ環境でがんばっている日本人選手と話をしていると、やはり刺激をもらえます。他のチームの状況などの情報交換も大事ですし。代表チームで集まったときも、コミュニケーションを常に心がけていますね。

――ドイツに渡って丸4年になりますね。世界に出てから思う日本って?
内田いや、まさに、すごいんですよポケモン! 世界中、『ポケモン』『キャプテン翼』『ドラゴンボール』とかだれでも知っているんです。海外の選手からも「ピカチュウ!」「俺、ポケモンやってたぜ!」とか話しかけられたりして、最初のコミュニケーションがそれで仲良くなったり。ポケモンにはすごく助けられました。日本の文化にみんな興味があるんだなと思いました。アニメは世界共通ですね(笑)。
(文:ジェントル/写真:草刈雅之)

⇒ 次のページ【アジアは僕だけ。他の国に負けたくない】

ポケモン・ザ・ムービーXY 「破壊の繭とディアンシー」

生命と破壊。禁断の地でダイヤモンドの輝きを取り戻せ!

 「ダイヤモンド鉱国」は、地下深くにあり、“ほうせきポケモン”メレシーたちが平和に暮らす美しい国。この国には、巨大なダイヤモンド「聖なるダイヤ」があり、鉱国を維持する大切なエネルギー源として長い間その役割を果たしてきた。そして、そのダイヤを作り出せるのは、この国のお姫様・ディアンシーだけ。だが彼女には、まだその力が備わっていなかった。

 しかし、「聖なるダイヤ」の命は、今まさに尽きようとしていた。このままではこの美しい国は滅んでしまう!ディアンシーはサトシとピカチュウに出会い、聖なる力を求めて「生命のポケモン」ゼルネアスを探す旅に出る。道中、盗賊やロケット団が、ディアンシーのその能力を求め、襲いかかる。ピンチを切り抜けながら旅を続ける一行だったが、その行く手には、かつてカロス地方のあらゆる生命を消滅させたという「破壊のポケモン」イベルタルの眠る繭が待ち受けていた――。
 果たしてディアンシーは自分の国を救うことができるのか?そして、サトシとピカチュウの運命は!?

ポケモン・ザ・ムービーXY 「破壊の繭とディアンシー」同時上映『ピカチュウ、これなんのカギ?』
2014年7月19日(土)公開 【公式サイト】

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2014 ピカチュウプロジェクト

関連リンク

内田篤人 撮り下ろし☆PHOTO GALLERY☆
<インタビュー前編>素直な気持ちで話をする
<インタビュー後編>他の国に負けたくない
<ポケモン インタビュー>渡辺麻友 難しい…楽しい
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!