• ホーム
  • 音楽
  • Power Push Live『EBiDAN TOKYO 39、Suzu、Ring-Tripら新たな可能性を感じさせたステージをレポート!』

Power Push Live『EBiDAN TOKYO 39、Suzu、Ring-Tripら新たな可能性を感じさせたステージをレポート!』

若さ溢れるフレッシュな顔ぶれ――注目の新人が出演!

 “次代を担う新人アーティストの育成が、音楽業界の発展には欠かせない”……。これまで、西野カナやJUJU、UVERworldなどの人気アーティストが新人時代に出演してきた、ライブイベント『Oricon Sound Blowin’』の精神を受け継いだ、新たな音楽イベント『Power Push Live』がスタートした。イトーヨーカドーの全面協力により、オリコンがプッシュする注目の新人アーティストのライブを毎月開催していくフリーイベントで、その第2回目が3月29日にイトーヨーカドー アリオ西新井店(東京)イベント広場で行われた。

 イベント広場には、早くから観客が集まり熱気で満ち溢れる。いよいよイベントが始まると「うめちゃ〜ん」と声援が飛ぶなか、嬉しそうに司会の梅澤亜季が登場。イベントの紹介に続けて、トップバターのSuzuが、大きな拍手で迎え入れられた。

春らしい爽やかな風を吹き込んだSuzuのステージ

 2月にデビューしたばかりのSuzuは、レモンイエローのニットが、実に春らしい雰囲気。まずは挨拶代わりとばかりに、テイラー・スウィフトのカバー曲「ウィ・アー・ネヴァー・エヴァー・ゲッティング・バック・トゥゲザー」を披露、爽やかな歌声とアコースティックギターの音色に引き寄せられ、多くの買い物客が足を止め、彼女の歌声に聴き入った。この日は、デビュー曲の「step by step」やテレビ東京系アニメ『探検ドリランド ―1000年の真宝―』のエンディングテーマに起用されている、新曲「you can do it!」(4月2日発売)などが披露された。また、テーブルとカップをパーカッション代わりに使ったパフォーマンスも披露。これには場内から「おお〜!」と、彼女の多才ぶりに驚きの声があがった。「未来地図」を歌う際には、「みなさんの夢は何ですか?私の夢は、シンガー・ソングライターになることだったんですが、お前にはムリだとかたくさん言われて、挫折しそうになったときに書いた曲です。みなさんも夢をあきらめずガンバってください」と、曲に込めた気持ちを語る。会場には学生ファンも多く集まっていて、彼女のメッセージのこもった歌声にジッと耳を傾けていた。

初々しくキュートなステージで魅せたRing-Trip

 2組目に登場したのは、松下亜樹、山本香澄、賀澤りえ奈という、女の子3人組のRing-Trip。旅行代理店として知られるJTBグループが手がける音楽レーベル「JTB MUSIC」の第1弾アーティストということで、グループ名は“Ring=交流の輪”、“Trip=旅”を意味するそう。4月16日にシングル「風のメタモルフォーゼ」でCDデビューすることが決まっている。彼女たちの華やかな雰囲気に男性ファンがどっと押し寄せると、まずはテレビ東京系『アニメマシテ』の4月度オープニングテーマになっている「DREAMIN' PARADE」を披露。アッパーの曲調に合わせて、自然と身体を揺らし始めた観客。なかにはグリーンのペンライトを振って応援するファンの姿もあった。元気いっぱいの振り付けに、客席からは「かわいい〜!」とたくさん声があがる。MCでは「先日ハワイに行ってきました。『ホノルルフェスティバル』というイベントに出演したんです。緊張したけど、楽しかったです」と活動を報告。今後も国境を越えて活動していくそう。ステージの最後には、デビュー曲となる「風のメタモルフォーゼ」を披露。アップテンポのノリのいいナンバーで、力強さもある歌とダンスには、早くも振り付け覚えてまねて踊るお客さんも。男性ファンだけでなく、ちびっこも楽しそうに飛び跳ねて踊っていた。

若さいっぱい!期待&注目度満点のEBiDAN TOKYO 39

 最後にEBiDAN TOKYO 39が登場すると会場は歓声に包まれ、買い物客も何事か?と、ステージに注目した。テレビ番組『EBiDAN』に出演していること、個々にドラマや舞台などに出演して活躍していることからすでに知名度は抜群の彼ら。メンバーの名前を書いたうちわやカードを持った女の子たちが、早くから列をなしていたほど。この日は、EBi侍、けもパン5、EBi心.comといった3組のユニットを含む10数名が登場。「ちゃんばらやばらば」では、刀を持ったかっこいいパフォーマンスを披露したほか、“みんなけも友だから!”という前フリで始まった「けもパン世界タイトルマッチ」は、動物の耳をつけて踊るかわいい振り付けで観客を楽しませた。「Like a star」では、ペンライトを振るファンにサイン入りのボールを投げるパフォーマンスもあり、ファンは大喜びの様子。MCでは、メンバーからの「面白いことをいってくれる!」とのムチャブリに「じゃあ、どんぐりころころの、たけのこバージョンをやります!」と、悠斗が急遽一発ギャグを披露。会場が爆笑に包まれるひと幕も。また、受験を終えたばかりの風馬に「お疲れ様」と声がかかると、「受験を乗り越えられたのは、EBiDANのみんなとファンのみんなの応援のおかげです」と感謝の気持ちも表した。「すごく楽しかった。盛り上がってくれてうれしかったし、心に残るイベントになりました」と彼ら。

 元気いっぱいの春らしいステージを見せてくれた3組。イベント終了後、CD予約ブースは大盛況。音楽シーンに吹き込む爽やかな風に、期待が高まるイベントになった。
(原稿:榑林史章/撮り下ろし写真:新泉由香里)

『Power Push Live』第2回目の模様を動画で観よう!

関連リンク

【フォトギャラリー】ライブをプレイバック!
【ライブレポート】第1回目イベントの様子
【クローズアップ】EBiDAN TOKYO 39
【クローズアップ】Suzu
【クローズアップ】Ring−Trip
EBiDAN TOKYO 39オフィシャルサイト
Suzuオフィシャルサイト
Ring−Tripオフィシャルサイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!