• ホーム
  • 音楽
  • 【年間ランキング】新人セールス1、2位はKARA&少女時代 K-POP勢が席巻

【年間ランキング】新人セールス1、2位はKARA&少女時代 K-POP勢が席巻

 相次いで日本デビューした韓国のガールズグループの台頭が顕著だった今年の勢いを表すように、20日発表の『第43回オリコン年間ランキング2010』の新人セールス部門ではKARAが1位、少女時代が2位と、K-POP勢がランキングを席巻した。

 今年8月に日本デビューし、“ヒップダンス”で話題をさらった5人組グループ・KARAは、シングルは「ミスター」「ジャンピン」の2作、アルバムは韓国時代のヒット曲を収録したベスト盤『KARA BEST 2007-2010』や1stオリジナルアルバム『ガールズトーク』を含む5作、DVD1作の計8作品を発売。総売上額は13.0億円を記録した。

 一方、9月に日本デビューし、“美脚”と9人がシンクロするダンスで人気の少女時代は、シングルは「GENIE」「Gee」の2作、DVDは『少女時代到来〜来日記念盤〜 New Beginning of Girls’Generation』の1作、アルバムは韓国時代の6作の計9作品を発売し、トータル8.8億円を売り上げた。

主に男性ファンが支持し、「かわいらしさ」が求められる国内のアイドルシーンにおいて、“同世代の同性があこがれる女性アイドル”は近年、空席だった。「ビジュアル・スタイルの良さ」や「鍛えあげられたダンス」をウリにしたK-POPガールズグループはその座にピタリとはまり、今年デビューの新人アーティストの中でも突出した売上を記録した。

【新人アーティスト別売上金額ランキング】
1位 13.0億円 KARA(総売上49.3万枚)
2位 8.8億円 少女時代(総売上38.0万枚)
3位 1.3億円 WEAVER(総売上8.3万枚)
※集計期間:2009/12/28付〜2010/12/20付
シングル+アルバム+ミュージックDVD+ミュージックBluray Discの総売上金額を算出

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


◆発表! 2010年 オリコン年間ランキング
 シングルアルバムアーティストトータルセールス過去のランキング

⇒ 2010年の日本の音楽シーンに新しい風! 話題のK-POPユニットを写真付きで紹介



関連写真

  • 新人部門1位のKARA 
  • 同部門2位の少女時代 

オリコントピックス