• ホーム
  • 音楽
  • AIが安室奈美恵と7年ぶり共演で初コラボ作、新曲発売決定

AIが安室奈美恵と7年ぶり共演で初コラボ作、新曲発売決定

■その他の写真ニュースはこちら

 今年でデビュー10周年を迎えるアーティストのAIが、アニバーサリー・イヤーとなる今年第1弾シングルとして、安室奈美恵とコラボしたシングル「FAKE」を31日に発表することが決定した。過去には2003年にSUITE CHICとしての「Uh Uh……feat. AI」や、2006年にはZEEBRAの「Do What U GottaDo feat. AI, 安室奈美恵 & Mummy-D」で共演はしているものの、AI名義の作品で安室とコラボレートするのは初のこと。AIは、男にフラれた内容の歌詞について「アムロッティ(安室)に限ってあり得ないでしょ。あり得ないことだから逆に面白いと思った」と、今回のコラボについてコメントしている。

  一方、歌詞を書いたAIは、「女性がフラれた内容の方が面白いんじゃないかなと思って。アムロッティーに限ってこんなことあり得ないでしょ。あり得ないことだから逆に面白いんじゃないかなと思って、あえてフラれる歌詞にしたの」と説明。安室も「そうですね。確かに新鮮でしたね。けど、前向きでシャレてて強くて、歌ってみてとても気持ちよかったです」と、ネガティブになりがちな内容の歌詞をAIと安室ならではの解釈で、ポップチューンに仕上げた。

 「ベスト盤を出したら次はフィーチャリングをしたいなと思ってた」と語るAIは、「国内外問わず、この人とやりたい!っていう人を挙げていった」という。安室とのコラボになったことについては「今まで何度か共演してるけど、私名義の作品にアムロッティーに参加してもらったことってなかったでしょ。けどやるなら私がもっと上のステップに行った時にやりたいなと思ってたんだ。だから今回一緒に出来て本当に嬉しいし、やっと夢が叶ったって感じだね」と話している。



関連写真

  • 安室奈美恵(左)とAI 
  • 3月31日に「FAKE」を発表するAI 

オリコントピックス