• ホーム
  • 音楽
  • 福山雅治、地元・長崎の稲佐山ライブと50万人動員ツアーそろってDVD化

福山雅治、地元・長崎の稲佐山ライブと50万人動員ツアーそろってDVD化

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 歌手で俳優としても活躍する福山雅治のライブDVDが4月に2種同時に発売されることが決定した。昨年に行われた自身最大規模の道標ツアーのDVD『FUKUYAMA MASAHARU 20th ANNIVERSARY WE’RE BROS. TOUR 2009 道標』と、同じく昨年夏に地元長崎での2日間にわたって行われた稲佐山でのライブを収録した『福山☆夏の大創業祭 稲佐山』の2本で、ファンからのDVD化の要望に応えた。

 福山は2009年に12都市36公演の『道標ツアー』を敢行。観客動員は50万人にもおよび自己最大規模のツアーとなり、チケットがわずか3分で完売となったことでも話題に。また、地元長崎県稲佐山で行ったライブは、福山が長崎市議会議場で史上初めて会見を開き、この凱旋ライブのパブリックビューイング会場(ビッグNスタジアム=長崎県営野球場)に同県民5万人を無料招待すると発表。地元長崎に恩返しをしようと企画されたもので、ファンだけでなく多くの人からの注目を集めていた。

 これまで、所属事務所やレーベルには、両ライブのDVD化に関する問い合わせが相次いでいたといい、ついにそれに応える形。両作品ともに4月28日に発売されることが決定した。

 現在、NHK『龍馬伝』で役者としての活躍もめざましい福山だが、アーティストとしての一面をたっぷり見せる両DVD作品で、どれだけの経済効果をもたらすことになるか。その動向も注目されそうだ。


福山雅治



関連写真

  • 福山雅治 
  • 話題のライブがついにDVD化 
タグ

オリコントピックス