• ホーム
  • 芸能
  • 石原軍団が『西部警察』で使用した消防車を真鶴町に寄贈、3500人分の炊き出しイベントも開催

石原軍団が『西部警察』で使用した消防車を真鶴町に寄贈、3500人分の炊き出しイベントも開催

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の渡哲也舘ひろしらが所属する石原プロモーションが14日、バラエティ番組『ナニコレ珍百景』(25日放送 テレビ朝日系)の企画の一環で、ドラマ『西部警察SPECIAL 2004』(同局系)などで使用した、同社が所有する消防車を神奈川県・真鶴町に寄贈した。また同日の贈呈式では、石原プロ名物の“炊き出し”イベントも開催。地元ボランティアなどを含めたスタッフ総数500人、計3500人分の炊き出し材料で、カレーライスやおでん、鉄板焼きなどが、町民の中から抽選で選ばれた2500人に無料でふるまわれた。同日は、SPドラマ『結婚』(28日放送 同局系)で、渡の娘役を演じた女優の上戸彩もゲストとして招かれ、“炊き出し”初体験。上戸は「私にとってはこの炊き出しの光景が“珍百景”です!」と興奮気味に語った。

 2008年11月放送の『ナニコレ珍百景』で大々的に告知された今回の消防車プレゼント企画。全国から65通の応募が寄せられ、1年にも及ぶ厳正な審査を経て真鶴町に贈られることが決定した。真鶴町にはポンプ車はあるものの、はしご付の消防車が無く、町の名物である約3000本の黒松を山火事から守りたいという理由で消防車プレゼントに募集したという。

 消防車を寄贈した渡は「ウチの車庫に眠っているよりは、社会の役立つことに使っていただいたほうがいい。ただ、消防車は出来れば使用しない方がいいですね(笑)。皆さん、是非火の元にはご用心下さい!」と真鶴町民に呼びかけた。贈呈式では、真鶴町の一日消防団長に任命された舘ひろしによる放水セレモニーも行われた。その光景を見た渡は「ひろし、団長姿が様になってるじゃないか。そのまま入れてもらうか?」と語ると、舘は「では、石原プロから少しお暇を頂いて……いやいや、“団長”といえば渡さんの方がお似合いです」と返し笑いを誘った。

 さらに同日は、町の消防団団員が結婚することになり、セレモニーも開催。上戸が新郎を、俳優・徳重聡が新婦をエスコートし会場に迎えるなど、ドラマ『結婚』チームと町民で門出を祝った。

 今回の消防車の贈呈式と炊き出しの模様は、25日後7時より『ナニコレ珍百景 秋の2時間SP』にて放送される。


【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 石原プロモーションが神奈川県・真鶴町に消防車寄贈&炊き出しイベント 
  • 渡哲也と炊き出し初体験の上戸彩 
  • 寄贈された消防車 
  • 町の消防団団員の結婚を祝うセレモニーも開催 

オリコントピックス