• ホーム
  • 音楽
  • ネット界最強コラボが実現 supercell、注目の初シングル発売へ

ネット界最強コラボが実現 supercell、注目の初シングル発売へ

■その他の写真ニュースはこちら

 デビューアルバム『supercell』(3月4日発売)をいきなりオリコン週間ランキング4位に送り込んだクリエイター集団・supercellが、初のメジャーシングル「君の知らない物語」を8月12日に発売することがわかった。7月スタートの新テレビアニメ『化物語』(TOKYO MX、毎日放送他予定)のテーマソングに決定しており、メンバーのryoは「原作を読んだことのある人が、おぉ!と思ってくれれば」と期待を寄せている。

 supercellは、コンポーザーのryoと多数のイラストレーターからなるクリエイター集団で、ボーカロイド「初音ミク」を使った代表作「メルト」が動画投稿サイトで400万回以上という驚異の再生数を叩き出すなど、絶大な人気を誇る。2007年冬に、ネットの世界に現れるや、瞬く間にメジャーアーティストを凌ぐほどの人気を獲得。満を持して発売した1stアルバム『supercell /supercell feat.初音ミク』は、発売初日にオリコンデイリーランキングの2位にランクインし、業界関係者を驚かせた。

 新曲のボーカルには、初音ミクではなく、かつてネットの音楽シーンで大きな支持を得ながら突然、姿を消した“幻の歌姫”ガゼルを迎えた。彼女は今回、nagi名義で参加しており、奇しくもsupercellのメジャーシングル第1弾という形で“ネットミュージシャン最強コラボ”が実現する。ryoは「彼女のあの声がとても好きなんです。前々から、機会があれば是非お願いしたいと思っていた」とnagiにラブコール。彼女も快諾し、既にレコーディングを終えた。

 さらにryoはnagiの実力を絶賛。「仮歌はボーカロイドの鏡音リンで作ったのですが、それを彼女に渡したところ、意図するところを理解して歌ってくれてました。まさに、歌うために生まれてきたような人だと思います」。nagi=ガゼルのネットでの人気は今も根強く、ファンにとっては大注目作品といえるだろう。

 また、同曲をテーマソングに起用した『化物語』は、小説家・西尾維新の初のアニメ化作品であり、監督に『さよなら絶望先生』の新房昭之、音楽に『涼宮ハルヒの憂鬱』や『らき☆すた』の神前暁を迎え、今夏のアニメ番組の中でも高い注目を集めている。ryoも「原作は全部読みました! めちゃくちゃ面白いです!」と話しており、新曲は『化物語』の世界観をryoなりに解釈し同作のアナザーストーリーとして作った作品だという。



タグ

オリコントピックス