• ホーム
  • 音楽
  • 福山雅治がシングル首位通算10作、ソロ歌手史上3人目の快挙

福山雅治がシングル首位通算10作、ソロ歌手史上3人目の快挙

■その他の写真はこちら

 今年でデビュー20周年を迎える福山雅治の通算24枚目のシングル「化身」が、発売1週目で13.1万枚を売り上げ、6/1付シングルランキングで首位に初登場した。自身10作目、男性ソロ・アーティストとしては、1984年8月に「顔に書いた恋愛小説」で10作目首位を達成した田原俊彦以来24年9か月ぶりとなり、近藤真彦、田原俊彦に続く史上3人目の快挙となった。

 「化身」は、昨年10月発売の「想 -new love new world-」以来のシングルで、09年の第1弾。フジテレビ系ドラマ『魔女裁判』の主題歌「化身」、日本テレビ系ニュース番組『NEWS ZERO』テーマソングの「道標」、そして福山雅治バージョンの「KISSして」の計3曲が収録。通常盤のほか、初回限定盤が「ミュージッククリップDVD付き」と「スペシャルタオル付き」の2タイプで発売、計3タイプが発売された。

 なお、福山がシングルで首位を獲得するのは、2006年5月発売の「milk tea」以来、3年ぶり(作品数では3作ぶり)となる。


 福山雅治田原俊彦

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 福山雅治の通算24枚目のシングル「化身」通常盤 
  • 福山雅治「化身」初回限定盤 
  • 福山雅治「化身」初回限定盤 
タグ

オリコントピックス