• ホーム
  • 音楽
  • 堂本剛、「剛 紫」名義でソロ2年2ヶ月ぶりの首位

堂本剛、「剛 紫」名義でソロ2年2ヶ月ぶりの首位

■その他の写真ニュースはこちら

 アーティスト・堂本剛が30歳の誕生日にあたる10日に「剛 紫」名義で発売したシングル「空〜美しい我の空」が4.4万枚を売上げ、4/20付シングルランキングで首位に初登場。ソロでは“堂本剛”名義の「街/溺愛ロジック」(02年)、「WAVER(ORIGINAL COLOR/恋のカマイタチ/ココロノブラインド)」(04年)、“ENDLICHERI☆ENDLICHERI”名義の「ソメイヨシノ」「The Rainbow Star」(共に06年)、「空が泣くから」(07年)に続き、2年2ヶ月ぶり通算6作目のシングル首位獲得を果たした。

 新曲は雅楽師の東儀秀樹を迎えて制作された、故郷・奈良の空をテーマにしたバラード。同時発売のアルバム『美 我 空 − ビ ガ ク 〜 my beautiful sky』も4/20付アルバムランキングで3位に初登場している。全曲、作詞・作曲・編曲を自ら担当し、ジャケット写真も自らが撮影したというこだわりぶり。

 その他、2位にはタレントとしても活動中のDAIGOがボーカルを務める3人組ロックバンド・BREAKERZのシングル「Everlasting Luv/BAMBINO〜バンビーノ〜」が2.1万枚を売上げ、昨年9月に発売した「世界は踊る/灼熱」と今年2月発売の「GRAND FINALE」で記録した6位を上回り、初のTOP3入りを果たした。

 続く3位は、中国・四川省出身の女性シンガー・alanが歌う、現在公開中の映画『レッドクリフ Part II』の全世界主題歌「久遠の河」が1.2万枚を売上げ3位にランクイン。映画自体も監督にジョン・ウー、キャストに金城武、トニー・レオン、チャン・チェンと豪華な俳優陣が集結し、制作費に100億円という壮大なスケールで描かれた文字どおりの“超大作”として、前作『レッドクリフ Part I』の公開から引き続き話題を集めていた。



タグ

オリコントピックス